2015/08/13 09:58

知らない人はまたぽっちゃり?これぞ“太らないアイスの食べ方”教えます

20150813ice

「私、アイスが好きなの。」そういう女性に限って、なぜかスリムを維持していることって多いと思いませんか?

 そもそも最近のダイエット志向や糖質制限志向からすれば、アイスクリームはそのカロリーの高さや糖質の多さから、敬遠されても当たり前の食品のはず。

 しかし、実はアイスクリームは工夫の仕方によって、太らないように食べることができるという。そんな「まさか」の方法をお教えしよう。

1.シャーベット系を選ぶ

市販のアイスには、乳脂肪の量などが異なるアイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス、氷菓(シャーベット)などの分類がある。中でも、カロリーが低いのはガリガリ君のようなシャーベット系。どうしても食べたくなったら、氷菓と表示のあるものを選ぶべし。

2.フローズンヨーグルトを選ぶ

海外セレブやモデルの間でも人気のフローズンヨーグルト。もちろん食べ過ぎればそれほどカロリーセーブは見込めないが、今では脂肪分ゼロなどのヘルシー系の店舗もある。味も見た目も遜色なしなので、ぜひ利用してみて。

3.豆乳アイスを自作する

よほどカロリーが気になる場合は、砂糖控えめの豆乳アイスを作ろう。豆乳と生クリーム、砂糖だけで簡単に作ることができる。乳製品や卵の代わりに豆乳を使うので、コレステロールも軽減される。市販品も出ているので利用するのもいいだろう。

 アイスクリームは食べたいけれど、ダイエットを気にして食べられないとお嘆きのあなた、上記のような工夫さえすれば、思う存分(?)食べられますよ!

Asa-Jo チョイス

  1. 20189

    今、流行のグルメ缶詰で簡単おうちバル気分!こいわしのオイル漬けのハーブ焼き編

    普段はビール派でも、ボージョレー・ヌーボーだけは飲む!というヒトも多いですよね。ボージョレー・ヌーボーは一般的な赤ワインと比べると渋みも少なく、軽くてフルーティーで飲みやすいのが特徴です。フレッシュな味わいのなので、あっ … 続きを読む 今、流行のグルメ缶詰で簡単おうちバル気分!こいわしのオイル漬けのハーブ焼き編

  2. 22213

    驚きの潤いと透明感!エステでも提供されているおウチでできるエイジングケアとは?

    肌はカサカサでシワ・シミ・たるみ・ほうれい線も目立ち始め、毛穴は開きっぱなし‥‥。私たちアラフォー世代は、日々子育てや仕事に追われているせいか、今までのお手入れだとお肌の悩みが解消されない方も多いのでは!?おかげですっぴ … 続きを読む 驚きの潤いと透明感!エステでも提供されているおウチでできるエイジングケアとは?

  3. 22174

    「腸活美人」はなぜキレイ?ダイエットのカギ握る「生きた酵母」の効果的な摂り方とは

    なかなか納得のいく効果がでないダイエット。その理由が「腸」にあるとしたら‥‥驚きませんか? 「健康の源は腸にあり」といわれますが、実はダイエット成功のカギも腸が握っているんです。そもそも太ってしまう原因は、運動不足や生活 … 続きを読む 「腸活美人」はなぜキレイ?ダイエットのカギ握る「生きた酵母」の効果的な摂り方とは

注目キーワード

ランキング