2016/10/20 09:58

コレステロールが心配だから「卵は1日1個」は本当に正しいの?

20161020tamago

 ダイエットや健康維持のために「コレステロールを摂るのを控えている」という人はいると思います。「コレステロールが多いから、卵を食べるのは1日1個まで」という話もあります。 

「厚生労働省が5年ごとに発表する『食事摂取基準』によれば、2010年版まではコレステロールの摂取量は成人女性で1日600mg未満、同じく男性は750mgとなっていました。ところが、2015年版ではその基準が撤廃されたのです」

 こう話すのは健康情報にも詳しいフィットネスライター。一体どういうことなのでしょうか。続けて話します。

「体内にあるコレステロールのおよそ8割が肝臓で合成される脂質です。そして残りの2割である食事から摂取する分は、実は影響が少ないということがわかってきたのです。そこで、摂取目標を定める科学的根拠が薄くなってきたという理由から、食物に含まれる分は無視しても構わないということになりました」

 コレステロールはなにかと悪者のように言われていますが、実は体の中で細胞膜やホルモン、ビタミンDなどを作り出すために働く、無くてはならない大切な物質でもあるといいます。

「とは言え、すでに高コレステロールだと診断されている人は卵だけでなく、牛や豚、鶏のレバー、うなぎやイカなどもコレステロールが高い食品ですから注意しなければいけません。でも、健康な人は食事から摂る分を気にしたり、制限したりする必要はないのです」(前出・フィットネスライター)

 また、ある研究では卵は血中コレステロール値に影響しないという報告もあるそうです。これは黄身に含まれているレシチンという物質が、悪玉コレステロール(LDL)を減らして、善玉コレステロール(HDL)を多くする働きがあるので、余計なコレステロールが血管に付着して詰まらせるのを防ぐのでないか、とも考えられているのだそうです。

 ビタミンC以外のほとんどの栄養素を含んでいて、ダイエットや筋肉作りにも役立つ卵。毎日3~4個となると考えものですが、もう、あまり気にすることなく食べることができますね。

Asa-Jo チョイス

  1. 39722

    高カロリーな食事も消化分解できれば怖くない!酵素が鍵!

    30代の女性といえば、心身が成熟してきて、まさに女盛りの頃。とはいえ、仕事での責任も増し、プライベートでは結婚・出産・育児と、人生が大きく変化する頃でもありますよね。それだけに、ストレスやホルモンの乱れなどから身体への影 … 続きを読む 高カロリーな食事も消化分解できれば怖くない!酵素が鍵!

  2. 37541

    新事実!育毛剤ってダサい?いえ将来ハゲないためにケアしてる男性はかっこいい!

    某テレビ番組でビジネスマンのまつ毛エクステが話題になっていました。スキンケアやアンチエイジング、さらにはメーキャップまで、メンズエステ隆盛のいま、男性の美容への関心はこれまでになく高まっているといえるでしょう。とくに、カ … 続きを読む 新事実!育毛剤ってダサい?いえ将来ハゲないためにケアしてる男性はかっこいい!

  3. 39539

    ママが抱えるお肌の悩み、「シミ」は美白と保湿のWで対策!

    例えば、こんなことってありませんか?大学卒業後に病院の医療事務として勤務。ファッション、美容、友人との遊び、それなりに女のシングルライフを楽しみ、28歳で結婚。29歳で長男を出産。現在は夫と10ヶ月の長男と一軒家で暮らし … 続きを読む ママが抱えるお肌の悩み、「シミ」は美白と保湿のWで対策!

注目キーワード

ランキング