2016/12/12 18:14

たかじんの呪い!?岡田准一「海賊とよばれた男」がまさかの大爆死ムード!

20161212okadab

 興収86億円を叩き出し、日本アカデミー賞でも最優秀作品賞にも選ばれた「永遠の0」から3年。監督・山崎貴、原作・百田尚樹、そして主演も岡田准一と、まさに「ゼロの夢よ、もう一度!」と再結集した、邦画界の正月大作映画「海賊とよばれた男」が12月10日から満を持して公開された。ところが、メディアが「えっ!」と首をかしげる大コケムードが漂っているという。

「『シン・ゴジラ』『君の名は。』で盛り上がった今年の邦画界。言ってしまえばどちらも配給した東宝の一人勝ちですが、その東宝がトドメとばかりに正月でもトップを狙ったのが『海賊とよばれた男』。なんといっても『永遠の0』のスタッフ再結集ですからね。1位を走っている『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、海外の高評価でまた客足を伸ばしている『君の名は。』を抜いて、10日~11日の週末興行ではぶっちぎりの1位を取るものだと、メディアも思い込んでいました。ところが、2日前の木曜日から始まった座席予約の動きが非常に鈍い。それは金曜になっても変わらず、『ファンタスティック・ビースト』はもちろん、公開16週目の『君の名は。』、子供映画『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』にも予約数で負けている状況です。356館で公開ですから、最終的には動員で2位か3位に食い込むことも考えられますが、期待値からすれば大爆死ムードが漂っているとしかいえません」(映画誌ライター)

 原作もベストセラー、老若男女でファンの多い岡田主演、こん身の老けメイクなど話題も振りまいているが、やはり“あの男”の好感度の低さが予想以上に足を引っ張っているという声が多い。

「原作者の百田尚樹氏です。映画『永遠の0』の大ヒット以降、“暴れっぷり”がやたらと注目されるようになりましたが、それでも本は面白いという声があった。ところが、故やしきたかじんの未亡人を描いた『殉愛』でのドロドロ問題が勃発すると、政治的な過激言動を見逃していた世間も堤防が決壊。特に女性たちが百田氏に対して完全に引いてしまった。このイメージダウンは非常に響いている気がします。なにせ、今回の予告編には百田氏の名前が一切出ていない。その扱いに百田氏がツイッターで不満をぶつけていましたが、こうした不協和音が聞こえてくると、映画も爆死する可能性が十分にありえそうです」(エンタメ誌記者)

 作品的にロングラン興行は間違いないだけに、もしもスタートでつまずいたら、あとは正月の年配客を見込むしか挽回の余地はなさそうだが、はたしてどうなるか‥‥。

(小机かをる)

Asa-Jo チョイス

  1. 24889

    周りからの視線が変わった!女性の「理想の顔」に近づく裏技とは?

    ヘアスタイルを変えたり、新しい洋服をデビューさせたり、あなたのちょっとした変化を周りは、気付いているものです。周りからの視線が変わったり、「ちょっとイメージ変わったね」などと言われると嬉しいものですよね。髪型や服装で「可 … 続きを読む 周りからの視線が変わった!女性の「理想の顔」に近づく裏技とは?

  2. 29149

    45歳から真剣に考えて準備を!「老後貧乏」に陥らないための3つの心得

    淑女読者は独身であっても、あるいはパートナーのいる方であっても、老後の経済生活に不安を抱えていらっしゃる方が多いのではないか。今回は老後貧乏に陥らないための3つの心得を伝授することにしよう。第一の心得は、月並みだが、「自 … 続きを読む 45歳から真剣に考えて準備を!「老後貧乏」に陥らないための3つの心得

  3. 26464

    お見合いパーティかマッチング式か?アラフォー婚活に最適なのは実は「ハイブリッド型」だった!?

    春は出会いの季節と言われますが、恋に落ちるような男性との出会いって、意外と少ないんですよね。しかもそれが「結婚」に発展するような出会いとなると、そう簡単ではありません。婚活パーティや街コン&合コンと、世の中にはさまざまな … 続きを読む お見合いパーティかマッチング式か?アラフォー婚活に最適なのは実は「ハイブリッド型」だった!?

注目キーワード

ランキング