2017/03/14 17:00

いつまで産める?「高齢出産」の最新タイムリミット!(2)不妊原因の40%が男性側に…

2017_asajo_p2_c2nd

 そもそも高齢出産におけるリスクとは、具体的に何を指すのだろうか。園田氏はまず一つに「正常な出産とならない場合」を挙げる。

「流産の可能性が高くなります。30歳までの妊娠における流産の確率が15%程度なのに対し、40歳以上の場合、40%以上と跳ね上がる。5人に2人が流産となってしまうのです」

 その理由は完全に解明されていないが、加齢による卵子の劣化や子宮機能の低下が理由の一つとされている。

 また、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)となる確率も高まり、流産・未熟児状態での早産の一因となる。

 無事に産まれてきたとしても、染色体異常(ダウン症)となる確率は、母親が25歳以下であれば0.1%以下だが、45歳の出産では30人に1人と、非常に高確率になる。

 こういったリスクを少しでも回避するコツはある。

「至極あたりまえのことですが、タバコをやめ、お酒と塩分を控えめにし、ストレスを溜め込まない生活を心がけること。日頃から睡眠を十分に取って、健康的な生活を心がけましょう」

 高齢出産といえば、不妊治療との結びつきも強い。

「不妊治療を経て妊娠した場合、通常の妊娠よりも妊娠中毒症や早産、また胎盤が子宮口を塞いでしまう『前置胎盤』のリスクが高くなります」

 不妊治療の結果、30代後半や40代で子供を授かったとしても、そこから無事に出産するまで様々な危機を乗り越えねばならないということだ。

 実際に不妊治療を行った男性の話を伺った。

「ウチの場合はお互いに30代後半で結婚して、40歳になって不妊治療を始めたのですが、すぐに僕の精子に問題があることがわかりました。年齢と共に劣化していたんです」

 園田氏によれば、男性の精子は日々作られるものながらも、乱れた生活習慣や年齢により老化、劣化が起こるものであるという。

「旦那さんの精子の劣化は、実は高齢出産となる要因の一つです。不妊症の原因の40%ほどが男性に原因があるという報告があります。心配な方は女性だけでなく、男性も早い段階から検査を受けることをお勧めします」

 様々なリスクを減らすために、夫婦で話し合いを持つことから始めていきたい。

Asa-Jo チョイス

  1. 24889

    女性が思う「理想の顔」に近づくために 気遣うべきはあのパーツ?

    女性が考える“理想の顔”って、いったいどんな顔だと思いますか。「可愛い系/キレイ系」「華やか/シンプル」「イマドキ/コンサバ」など、理想の顔を決める要素は数多くありますが、年齢の違いはもちろん、好みや感じ方は人それぞれ。 … 続きを読む 女性が思う「理想の顔」に近づくために 気遣うべきはあのパーツ?

  2. 26223

    鼻毛よりもドン引きされるのは「女性のヒゲ」?春こそ脱毛サロンでムダ毛処理すべきコレだけの理由

    薄着の季節がはじまると気になってくるのが「ムダ毛の処理」。ファッションやメイクはバッチリ気合を入れてキメたのに、「ワキ毛の処理をすっかり忘れてた!」なんていうのはよくある話。なかには「街なかで偶然会った友人と立ち話してい … 続きを読む 鼻毛よりもドン引きされるのは「女性のヒゲ」?春こそ脱毛サロンでムダ毛処理すべきコレだけの理由

  3. 23112

    結婚相手に必要なものとは?婚活女子は要注意「ハイスペック彼氏」の落とし穴!

    誰にでも理想の結婚相手の条件はあるもの。ただ、理想を追い求めすぎる婚活女子に注意してもらいたいのが「ハイスペック彼氏」。高学歴、高収入、おまけに身長も高くて‥‥なんていう、深田恭子とマツコも羨ましがりそうな好条件がズラリ … 続きを読む 結婚相手に必要なものとは?婚活女子は要注意「ハイスペック彼氏」の落とし穴!

注目キーワード

ランキング