2017/03/13 18:14

アントニオ猪木と対戦したことも!滝沢秀明の「プロレス愛」が熱すぎる

20170313_asajo_takky

 プロレス好きの女子のことを、“プ女子”と呼び、今注目を集める存在だ。だが、そんな造語ができる前から大のプロレスファンだったのが、タッキー&翼の滝沢秀明だ。

 子どもの頃は、大仁田厚率いるFMWの追っかけをしており、かつて「中居正広の怪しい噂の集まる図書館」(テレビ朝日系)で、“音を聞くだけで電流爆破デスマッチを当てる”という超難問を見事クリアしたこともあるマニアックさだ。

「彼は、そのFMWに所属していたマスクマンのハヤブサ(故人)に憧れており、みずから“ハイキックソルジャー”というリングネームを名乗ったこともありました。将来は、プロレス団体を創りたいと本気で思ったこともあり、マスク、タイツ、リングシューズまで描いていたそうです」(アイドル誌編集者)

 そんな滝沢にとって、一世一代の晴れ舞台となったのが2000年3月11日、横浜アリーナで開催された「第2回メモリアル力道山」というプロレスのビッグイベントだ。多くのプロレス団体が集結したビッグイベントで、アントニオ猪木vs滝沢という夢カードが実現した。会場で観戦していた、先の雑誌編集者は続ける。

「猪木はすでに現役を引退していたのですが、タッキーのためにこの日復帰。57歳の猪木が17歳のタッキーに胸を貸す形で、シングルで激突したんです。レフェリーはあの藤原組長。会場に黄色い声援が飛び交うなかアリキック連打、エルボードロップからフォール、組長の高速カウントのアシストもあり、タッキーが勝ちました」

 コンサートでは獣神サンダー・ライガーのマスクをかぶったり、大仁田のリングコスチュームである「邪道」皮ジャンを着用したことも。それだけに、ハヤブサが2016年3月3日、クモ膜下出血により死去した際は、かなり落ち込んだという。

 その悲しみを乗り越え“プ男子・滝沢”が、再びリングに降臨する日はやって来るだろうか。

(北村ともこ)

Asa-Jo チョイス

  1. 24889

    女性が思う「理想の顔」に近づくために 気遣うべきはあのパーツ?

    女性が考える“理想の顔”って、いったいどんな顔だと思いますか。「可愛い系/キレイ系」「華やか/シンプル」「イマドキ/コンサバ」など、理想の顔を決める要素は数多くありますが、年齢の違いはもちろん、好みや感じ方は人それぞれ。 … 続きを読む 女性が思う「理想の顔」に近づくために 気遣うべきはあのパーツ?

  2. 26223

    鼻毛よりもドン引きされるのは「女性のヒゲ」?春こそ脱毛サロンでムダ毛処理すべきコレだけの理由

    薄着の季節がはじまると気になってくるのが「ムダ毛の処理」。ファッションやメイクはバッチリ気合を入れてキメたのに、「ワキ毛の処理をすっかり忘れてた!」なんていうのはよくある話。なかには「街なかで偶然会った友人と立ち話してい … 続きを読む 鼻毛よりもドン引きされるのは「女性のヒゲ」?春こそ脱毛サロンでムダ毛処理すべきコレだけの理由

  3. 23112

    結婚相手に必要なものとは?婚活女子は要注意「ハイスペック彼氏」の落とし穴!

    誰にでも理想の結婚相手の条件はあるもの。ただ、理想を追い求めすぎる婚活女子に注意してもらいたいのが「ハイスペック彼氏」。高学歴、高収入、おまけに身長も高くて‥‥なんていう、深田恭子とマツコも羨ましがりそうな好条件がズラリ … 続きを読む 結婚相手に必要なものとは?婚活女子は要注意「ハイスペック彼氏」の落とし穴!

注目キーワード

ランキング