2017/03/13 18:14

アントニオ猪木と対戦したことも!滝沢秀明の「プロレス愛」が熱すぎる

20170313_asajo_takky

 プロレス好きの女子のことを、“プ女子”と呼び、今注目を集める存在だ。だが、そんな造語ができる前から大のプロレスファンだったのが、タッキー&翼の滝沢秀明だ。

 子どもの頃は、大仁田厚率いるFMWの追っかけをしており、かつて「中居正広の怪しい噂の集まる図書館」(テレビ朝日系)で、“音を聞くだけで電流爆破デスマッチを当てる”という超難問を見事クリアしたこともあるマニアックさだ。

「彼は、そのFMWに所属していたマスクマンのハヤブサ(故人)に憧れており、みずから“ハイキックソルジャー”というリングネームを名乗ったこともありました。将来は、プロレス団体を創りたいと本気で思ったこともあり、マスク、タイツ、リングシューズまで描いていたそうです」(アイドル誌編集者)

 そんな滝沢にとって、一世一代の晴れ舞台となったのが2000年3月11日、横浜アリーナで開催された「第2回メモリアル力道山」というプロレスのビッグイベントだ。多くのプロレス団体が集結したビッグイベントで、アントニオ猪木vs滝沢という夢カードが実現した。会場で観戦していた、先の雑誌編集者は続ける。

「猪木はすでに現役を引退していたのですが、タッキーのためにこの日復帰。57歳の猪木が17歳のタッキーに胸を貸す形で、シングルで激突したんです。レフェリーはあの藤原組長。会場に黄色い声援が飛び交うなかアリキック連打、エルボードロップからフォール、組長の高速カウントのアシストもあり、タッキーが勝ちました」

 コンサートでは獣神サンダー・ライガーのマスクをかぶったり、大仁田のリングコスチュームである「邪道」皮ジャンを着用したことも。それだけに、ハヤブサが2016年3月3日、クモ膜下出血により死去した際は、かなり落ち込んだという。

 その悲しみを乗り越え“プ男子・滝沢”が、再びリングに降臨する日はやって来るだろうか。

(北村ともこ)

Asa-Jo チョイス

  1. 24889

    周りからの視線が変わった!女性の「理想の顔」に近づく裏技とは?

    ヘアスタイルを変えたり、新しい洋服をデビューさせたり、あなたのちょっとした変化を周りは、気付いているものです。周りからの視線が変わったり、「ちょっとイメージ変わったね」などと言われると嬉しいものですよね。髪型や服装で「可 … 続きを読む 周りからの視線が変わった!女性の「理想の顔」に近づく裏技とは?

  2. 29149

    45歳から真剣に考えて準備を!「老後貧乏」に陥らないための3つの心得

    淑女読者は独身であっても、あるいはパートナーのいる方であっても、老後の経済生活に不安を抱えていらっしゃる方が多いのではないか。今回は老後貧乏に陥らないための3つの心得を伝授することにしよう。第一の心得は、月並みだが、「自 … 続きを読む 45歳から真剣に考えて準備を!「老後貧乏」に陥らないための3つの心得

  3. 26464

    お見合いパーティかマッチング式か?アラフォー婚活に最適なのは実は「ハイブリッド型」だった!?

    春は出会いの季節と言われますが、恋に落ちるような男性との出会いって、意外と少ないんですよね。しかもそれが「結婚」に発展するような出会いとなると、そう簡単ではありません。婚活パーティや街コン&合コンと、世の中にはさまざまな … 続きを読む お見合いパーティかマッチング式か?アラフォー婚活に最適なのは実は「ハイブリッド型」だった!?

注目キーワード

ランキング