2017/03/25 18:15

最終回炎上で考える、「タラレバ娘」3人が選んだ“運命の人”という強迫観念

20170325_asajo_yoshitaka

 吉高由里子主演ドラマ「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)の最終回が3月22日に放送され、平均視聴率が11.1%だったことがわかった。これで全10回中9話が2ケタ超えとなり、有終の美を飾る結果となった。

 だが、その最終回の展開には賛否両論が渦巻いた。吉高演じる主人公・倫子が、「結婚相手として理想の男・早坂(鈴木亮平)」ではなく、「憎まれ口を叩き合いつつも気になる年下の男KEY(坂口健太郎)」が本命の相手であるということに気づく結末に視聴者も沸騰。twitterのツイートランキングでは、他の関連ワードを抑えて「早坂」が1位になり、「私なら迷わず早坂さん」「早坂さんとの方が幸せになれるのに」などと言ったつぶやきが怒涛のごとくつぶやかれたのだった。

“今までさんざん遠回りしたけど、自分の本当の気持ちに気づき、本当に好きな人のもとへ”という、ある意味「恋愛ドラマ最終回の王道パターン」を踏襲したラストだったと言えるが、これまでの恋愛ドラマに比べて未婚女子の赤裸々な本音に踏み込んでいて、お約束ではない展開も期待できた本作品なだけに、既婚の恋愛系女性ライターも苦言を呈す。

「有名、無名問わず数々の現実の夫婦を見てきましたが、大恋愛をして結婚をしたカップルがあっさり数年後に離婚したかと思えば、お見合いで出会った二人が仲睦まじく添い遂げるようなことも多々あります。恋愛感情は結婚後数年で消える場合も多いため、現時点での恋愛感情の強弱よりも、きちんと信頼関係を築ける相手かどうかを見極めることが大切だというのもひとつの真実です」

 だが、それにも関わらず、何十年も前から恋愛ドラマで若い女性に刷り込まれてきたのは「運命の相手を見つけ出し、ちゃんと恋愛してから結婚しなければ幸せになれない」という価値観の一点張りだと続けて話す。

「本作でも倫子はもちろん、友人の香も高額をはたいて結婚相談所に入会したにもかかわらず、遊び癖のあるバンドマンの元彼とヨリを戻そうとする。もう一人の友人小雪は、不貞から抜け出すも知り合いからのお見合い話に「今はいい」とそっけない。婚活などではない“自然な出会い”や“高ぶる恋愛感情”重視の選択がよしとされることが、相も変わらず表現されています。こんな夢見がちな選択をしたタラレバ娘3人は、結局10年後にもタラレバ言い続けていることでしょう」(前出・女性ライター)

 確かに、現代では合コンやお見合いアプリ、婚活パーティで出会った相手と幸せな結婚をする例も少なくない。結婚しない男女が増え、結婚相手を見つけることが昔以上に困難な現代、そろそろ未婚の女性にそれらをも肯定して「劇的な出会いでなくても、ドキドキできる相手でなくても、信頼できる相手を見つけたら結婚してもいい」ということを教えてあげる恋愛ドラマが出てきてもいいのではないだろうか。

(稲垣まゆう)

Asa-Jo チョイス

  1. 24889

    周りからの視線が変わった!女性の「理想の顔」に近づく裏技とは?

    ヘアスタイルを変えたり、新しい洋服をデビューさせたり、あなたのちょっとした変化を周りは、気付いているものです。周りからの視線が変わったり、「ちょっとイメージ変わったね」などと言われると嬉しいものですよね。髪型や服装で「可 … 続きを読む 周りからの視線が変わった!女性の「理想の顔」に近づく裏技とは?

  2. 27884

    働く女性は「確定拠出年金」を使うべき!?年収400万なら毎年約8万円を節約できる

    この記事をご覧になっている淑女の皆様の中には、お仕事を持って働いておられる方が少なくないのではないかと想像する。そうした方は、会社員であっても、フリーランスであっても、是非、確定拠出年金の利用を検討されるといい。「カクテ … 続きを読む 働く女性は「確定拠出年金」を使うべき!?年収400万なら毎年約8万円を節約できる

  3. 26464

    お見合いパーティかマッチング式か?アラフォー婚活に最適なのは実は「ハイブリッド型」だった!?

    春は出会いの季節と言われますが、恋に落ちるような男性との出会いって、意外と少ないんですよね。しかもそれが「結婚」に発展するような出会いとなると、そう簡単ではありません。婚活パーティや街コン&合コンと、世の中にはさまざまな … 続きを読む お見合いパーティかマッチング式か?アラフォー婚活に最適なのは実は「ハイブリッド型」だった!?

注目キーワード

ランキング