2017/05/19 10:15

デヴィ夫人がドヤ顔で語ったアラン・ドロンとの「恋ゲーム」

20170519_asajo_devi

 5月14日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)にコメンテーターとしてデヴィ夫人が出演し、81歳で俳優生活から引退宣言したフランスの俳優アラン・ドロンと、過去にロマンスがあったことを匂わせた。

 メーンコメンテーターの松本人志が「元カレってことなんですか?」と尋ねると、「40年前の昔々のお話。カレというほどではないですけど。うたかたの恋ですね」と切り出した。

 デヴィ夫人がアラン・ドロンと初めて会ったのは、インドネシアのスカルノ大統領の第三夫人だった1964年のこと。東京五輪のために帰国した際、帝国ホテルを出入りするとき、いつもアラン・ドロンの姿がロビーにあったので、スカルノ大統領は「おまえが目当てなんじゃないか」と嫉妬したと嬉々として語った。

 翌65年、スカルノ大統領が軍事クーデターで失脚し、デヴィ夫人はフランスに亡命。パリの社交界では“東洋の真珠”と呼ばれ、週末はパーティに出席し、各界著名人と交流していたそう。そこでアラン・ドロンと再会したという。

「ロスチャイルド家(ヨーロッパの財閥)のパーティだったかしら」と自慢げなデヴィ夫人に、松本が「何て呼び合っていたのか」と問うと、「デヴィ、アランですね」とうれしそう。さらに「キスの味は?」と直球質問しても、「それはあなた、何て言ったらいいですか? スパッていう感じですかね」とキッパリ。

「番組ではデヴィ夫人が元ビートルズのリンゴ・スターや芸術家のサルバドール・ダリ、旧ソ連のゴルバチョフ書記長とも“交流”があったことを紹介していました。デヴィ夫人に言わせれば『社交界というところは、人の奥様を盗む、人の旦那様を盗む、ラブゲームだった』とか」(テレビ誌ライター)

 77歳のドヤ顔には、さすがの松本も圧倒されたようだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 24889

    周りからの視線が変わった!女性の「理想の顔」に近づく裏技とは?

    ヘアスタイルを変えたり、新しい洋服をデビューさせたり、あなたのちょっとした変化を周りは、気付いているものです。周りからの視線が変わったり、「ちょっとイメージ変わったね」などと言われると嬉しいものですよね。髪型や服装で「可 … 続きを読む 周りからの視線が変わった!女性の「理想の顔」に近づく裏技とは?

  2. 29149

    45歳から真剣に考えて準備を!「老後貧乏」に陥らないための3つの心得

    淑女読者は独身であっても、あるいはパートナーのいる方であっても、老後の経済生活に不安を抱えていらっしゃる方が多いのではないか。今回は老後貧乏に陥らないための3つの心得を伝授することにしよう。第一の心得は、月並みだが、「自 … 続きを読む 45歳から真剣に考えて準備を!「老後貧乏」に陥らないための3つの心得

  3. 26464

    お見合いパーティかマッチング式か?アラフォー婚活に最適なのは実は「ハイブリッド型」だった!?

    春は出会いの季節と言われますが、恋に落ちるような男性との出会いって、意外と少ないんですよね。しかもそれが「結婚」に発展するような出会いとなると、そう簡単ではありません。婚活パーティや街コン&合コンと、世の中にはさまざまな … 続きを読む お見合いパーティかマッチング式か?アラフォー婚活に最適なのは実は「ハイブリッド型」だった!?

注目キーワード

ランキング