2017/06/12 10:15

くわばたりえ、「夫の長時間労働」に涙の訴えをするも世間はソッポ?

20170612_asajo_kuwabata

 涙の主張も視聴者の心には刺さらなかった?

 クワバタオハラのくわばたりえが6月7日放送の情報番組「あさイチ」(NHK)にゲスト出演し、涙を見せる場面があった。

 番組では「大丈夫?家族から見た“働き方”」と題した特集を組み、長時間労働を強いられる夫を持つ家族のVTRを放送。

 3児の母であるくわばたの夫も残業が多いとのことで、「なんで(子どもが)3人に増えたときに、職場の人が『お前、早く帰れ』って言うてくれへんのかな」と番組を通して夫の会社に届けとばかりに切実に訴えた。

 さらに、夫の理想の帰宅時間を「7時」とし、「泣いちゃうけど、本当にみんなでご飯食べて、お風呂入りたいんだもん……できないんですよ」と、家族団らんの時間を作りたいと号泣しながら語っている。

 この一件は複数のネットニュースで報じられ、くわばたの主張については「確かに家族の時間は欲しいよな」「1人で子育てするのも大変だしね」といった賛同する声があがった一方、「じゃあ、子供持ちじゃない人がたくさん残業しろってか」「言ってることが自分勝手だと思う」「そういう状況で3人子供を授かったのは自分たちの意思ですよね」「この発言で夫は会社での立場が窮屈になっただろうな」など、批判的な意見も多数みられた。

「3人の子供を1人で世話するのも大変だと思いますから、泣きたくなる気持ちは分かります。労働時間の話で夫婦ゲンカになったこともあるようなので、ストレスがたまっているのでしょう。それでも視聴者やネットニュースを見た人々には、夫の立場を考えずに身勝手なことを言っていると感じた人もいたようです」(エンタメ誌ライター)

 ネットニュースサイト「J-CASTニュース」がくわばたの発言に共感できるかどうかのアンケートをツイッターで取ったところ、7割近くが「納得できない」と回答するなど(8日現在)、反対派の方が多数を占めているのが現状だ。

 としても、ゲストとして求められたコメントで、ここまで批判されるのは少々気の毒だ。

(佐伯シンジ)

Asa-Jo チョイス

  1. 24889

    周りからの視線が変わった!女性の「理想の顔」に近づく裏技とは?

    ヘアスタイルを変えたり、新しい洋服をデビューさせたり、あなたのちょっとした変化を周りは、気付いているものです。周りからの視線が変わったり、「ちょっとイメージ変わったね」などと言われると嬉しいものですよね。髪型や服装で「可 … 続きを読む 周りからの視線が変わった!女性の「理想の顔」に近づく裏技とは?

  2. 29149

    45歳から真剣に考えて準備を!「老後貧乏」に陥らないための3つの心得

    淑女読者は独身であっても、あるいはパートナーのいる方であっても、老後の経済生活に不安を抱えていらっしゃる方が多いのではないか。今回は老後貧乏に陥らないための3つの心得を伝授することにしよう。第一の心得は、月並みだが、「自 … 続きを読む 45歳から真剣に考えて準備を!「老後貧乏」に陥らないための3つの心得

  3. 26464

    お見合いパーティかマッチング式か?アラフォー婚活に最適なのは実は「ハイブリッド型」だった!?

    春は出会いの季節と言われますが、恋に落ちるような男性との出会いって、意外と少ないんですよね。しかもそれが「結婚」に発展するような出会いとなると、そう簡単ではありません。婚活パーティや街コン&合コンと、世の中にはさまざまな … 続きを読む お見合いパーティかマッチング式か?アラフォー婚活に最適なのは実は「ハイブリッド型」だった!?

注目キーワード

ランキング