2017/07/13 10:15

ブームの「散骨」も法律的にはグレーゾーンだった!?

大自然に「還りたい人」が増えている

 自分が死んだ後、あの重苦しいお墓に入るのがどうしても嫌! と考える人が増えているようです。とくにおひとりさまや、子どものいない夫婦など、誰もお墓を守る人もいない状態になることが分かっていれば、なおさらのことでしょう。そこで注目されているのが、自分の灰をどこかの大自然に還してもらう「散骨」です。

 最後にパッとまいてもらえば、それで終わり。なんて、しがらみもなくてとても魅力的に思えますよね。でも、散骨にはいろいろと注意点があり、法律も複雑に絡んでくるので、しっかりと調べ、信頼できる人(業者)に頼むのがいいようです。

 なぜなら、日本の法律には「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行つてはならない」と明記されているからです。昭和23年にできた法律のため、時代に則していないとの声があるものの、違反すれば処罰されます。

個人で散骨するのが難しいワケ

一方、時代に則した考え方をすべきとの意見も多数あり、1991年には「NPO法人 葬送の自由をすすめる会」がおこなった第1回自然葬に対し、

~法務省は「葬送の一つとして節度をもって行われる限り、遺骨遺棄罪には当たらない」、厚生省(当時)は「墓埋法はもともと土葬を問題にしていて、遺灰を海や山にまくといった葬法は想定しておらず、対象外である。だからこの法律は自然葬を禁ずる規定ではない」と、それぞれ新聞の取材に対して同会の考えを追認する見解を明らかにした。~(※)

 つまり、骨をしっかり粉状にして遺骨を判断できないくらいまで粉状にする、他人の迷惑がかからない場所を選ぶなどの最低限のマナーを守り、他人から苦情がこないやり方を選ぶことで、グレーゾーンながら黙認されるようになったのです。

 とはいえ、散骨を個人で行うのはかなり手間がかかります。やはり、それなりにノウハウを持った専門業者に相談し、しっかりとガイドしてくれるところにお願いするのがよいでしょう。とくに海に散骨するケースでは船のチャーターも必要になりますので、費用や手順などは納得いくまで話し合ってください。

※同会のHPより引用

Asa-Jo チョイス

  1. 39722

    高カロリーな食事も消化分解できれば怖くない!酵素が鍵!

    30代の女性といえば、心身が成熟してきて、まさに女盛りの頃。とはいえ、仕事での責任も増し、プライベートでは結婚・出産・育児と、人生が大きく変化する頃でもありますよね。それだけに、ストレスやホルモンの乱れなどから身体への影 … 続きを読む 高カロリーな食事も消化分解できれば怖くない!酵素が鍵!

  2. 37541

    新事実!育毛剤ってダサい?いえ将来ハゲないためにケアしてる男性はかっこいい!

    某テレビ番組でビジネスマンのまつ毛エクステが話題になっていました。スキンケアやアンチエイジング、さらにはメーキャップまで、メンズエステ隆盛のいま、男性の美容への関心はこれまでになく高まっているといえるでしょう。とくに、カ … 続きを読む 新事実!育毛剤ってダサい?いえ将来ハゲないためにケアしてる男性はかっこいい!

  3. 39539

    ママが抱えるお肌の悩み、「シミ」は美白と保湿のWで対策!

    例えば、こんなことってありませんか?大学卒業後に病院の医療事務として勤務。ファッション、美容、友人との遊び、それなりに女のシングルライフを楽しみ、28歳で結婚。29歳で長男を出産。現在は夫と10ヶ月の長男と一軒家で暮らし … 続きを読む ママが抱えるお肌の悩み、「シミ」は美白と保湿のWで対策!

注目キーワード

ランキング