2017/11/08 18:15

芳根京子、月9「海月姫」主演に暗雲?“能年の後釜はコケる”ジンクス

「なにもその役を受けなくても?」とドラマファンが心配するのが、女優の芳根京子。難病のギランバレー症候群を克服した根性娘で、若手の中でも「演技派」と評判の癒し系美人女優でもある。

「NHK朝の連ドラ『花子とアン』で脇役を好演するなど、徐々に知名度を上げていった彼女は昨年、同じく朝の連ドラ『べっぴんさん』で主演に抜擢されました。社会現象となった『あまちゃん』(13年)の能年玲奈(当時)と雰囲気が似ていることから、芳根も国民的ヒロインになるのではと期待されたのです。ところが思ったほど視聴率が伸びず、近年の連ドラでも失敗作の箱に入れられてしまった。第二の能年を目論んだ関係者も失望したはずですが、彼女自身に『もってない』イメージがついてしまった。まさか、それ以来となる主演が月9の『海月姫』とは、なんという皮肉」(エンタメ誌編集者)

「海月姫」は漫画家・東村アキコの人気コミックで、14年に実写映画化。その主演が能年玲奈(当時)で、しかも彼女の最後の主演作といういわくつきの作品なのだ。

「それだけでも、なぜまた能年の後釜を?という疑問がまず湧きました。嫌でも再び彼女と比べられますし、それに能年主演の映画自体も大コケで、いろんな意味でイメージがよくない。クラゲ好きのオタク女子がエキセントリックな仲間と出会い、次第に恋を知っていくコメディは面白い。おそらく、芳根にもぴったりハマるでしょう。ですが、ジンクス的にも“食べてはいけないクラゲ”となる可能性が高いと思います」(前出・エンタメ誌編集者)

 今回のドラマ制作発表が報道されると、ネット上も即座に反応。とはいえ、「フジテレビもネタがなさすぎる」「また低視聴率だけが話題になりそう」「のんちゃんのサプライズ共演でもない限り厳しいと思う」「映画もコケたしな‥‥」と、ネガティブな意見が目立ってしまった。

 芳根本人は「やるとなったら、目一杯楽しんでこの冬はクラゲ色に染まりたいです」とコメント。心配を跳ね除け、月9に再び風を吹き込んで欲しいものだ。

(小机かをる)

Asa-Jo チョイス

  1. 39722

    高カロリーな食事も消化分解できれば怖くない!酵素が鍵!

    30代の女性といえば、心身が成熟してきて、まさに女盛りの頃。とはいえ、仕事での責任も増し、プライベートでは結婚・出産・育児と、人生が大きく変化する頃でもありますよね。それだけに、ストレスやホルモンの乱れなどから身体への影 … 続きを読む 高カロリーな食事も消化分解できれば怖くない!酵素が鍵!

  2. 37541

    新事実!育毛剤ってダサい?いえ将来ハゲないためにケアしてる男性はかっこいい!

    某テレビ番組でビジネスマンのまつ毛エクステが話題になっていました。スキンケアやアンチエイジング、さらにはメーキャップまで、メンズエステ隆盛のいま、男性の美容への関心はこれまでになく高まっているといえるでしょう。とくに、カ … 続きを読む 新事実!育毛剤ってダサい?いえ将来ハゲないためにケアしてる男性はかっこいい!

  3. 39539

    ママが抱えるお肌の悩み、「シミ」は美白と保湿のWで対策!

    例えば、こんなことってありませんか?大学卒業後に病院の医療事務として勤務。ファッション、美容、友人との遊び、それなりに女のシングルライフを楽しみ、28歳で結婚。29歳で長男を出産。現在は夫と10ヶ月の長男と一軒家で暮らし … 続きを読む ママが抱えるお肌の悩み、「シミ」は美白と保湿のWで対策!

注目キーワード

ランキング