2016/01/31 17:58

アラサー女子に広まる「サブ彼氏」確保の動機とは?

20160131subkare

 最近、アラサー女子会をやると頻繁に話題に上るのが“サブ彼氏”。「早く次のサブを見つけないと~」「メインが忙しいみたいで、サブとしかデートしてない!」なんて具合だが、サブ彼氏とはいったいどんな存在なのか。29歳Yさんがこう話す。

「メインは本気で好きな人。サブは本気が10点満点なら、7~8点くらいの存在。メインとの恋愛が失敗したらもう後がないから、サブは1~2人いる状態が安心」

 そんなYさんのサブ彼氏との交際はこんな感じだそう。

「デートは普通にします。ベッドも‥‥メインより少ないけどたまに共にします。向こうも私にメインの彼氏がいることを知ってます。知ってて『でもYちゃんカワイイから会いたいんだよね』って言ってくれます。向こうの気持ちは、本気なのか本気じゃないのかわからない感じ」

 こんな曖昧な関係のまま半年が経っているのだとか。

「今の人でサブは3人目。だいたい別の女の子を好きになったら去っていきます。でも、去っても悲しくないんです、メインがいるから。サブが切れずに『いる』という状態が、私の安定剤になっているんです」

 Yさんは「もしも結婚できなかったらどうしよう」という不安から逃れるために、結婚まではサブの存在が必要なのだという。

 さらに33歳のMさんの場合、こんな事情でサブが存在する。

「本気で好きな年下男子がいるんですが、そのカレが難攻不落な感じで‥‥。週1~2回デートやベッドを共にしても『俺、人を好きにならないから』と言われてしまうんです。

 ある日『俺だけが好きって言われると重いから、他にも男つくりなよ』って言われて。ヤケクソでサブを作って、今同時に4人存在します」

 メインに冷たくされたときの慰め役として、サブたちの存在はもはや必須なのだと言うが、サブの中にはMさんに本気になっている男子もいるのだとか。

「そんな男と早く別れてよとか、自分だけのものにしたいと言ってくれるんです。それはうれしいし、すごく優しくて居心地がいいんですが、メインによってかき乱される苦しさがあってこその、サブ彼氏だと思うから‥‥」

 サブ彼氏がメインになったとき、本当にその人を好きになれる自信はないとMさんは話す。なんとも複雑な女ゴコロ。

 いずれにしても、ココロのバランスをとるために必要なのが「サブ彼氏」だということになるが、その関係はいつまで持続できるのだろうか。

Asa-Jo チョイス

  1. 24889

    周りからの視線が変わった!女性の「理想の顔」に近づく裏技とは?

    ヘアスタイルを変えたり、新しい洋服をデビューさせたり、あなたのちょっとした変化を周りは、気付いているものです。周りからの視線が変わったり、「ちょっとイメージ変わったね」などと言われると嬉しいものですよね。髪型や服装で「可 … 続きを読む 周りからの視線が変わった!女性の「理想の顔」に近づく裏技とは?

  2. 29149

    45歳から真剣に考えて準備を!「老後貧乏」に陥らないための3つの心得

    淑女読者は独身であっても、あるいはパートナーのいる方であっても、老後の経済生活に不安を抱えていらっしゃる方が多いのではないか。今回は老後貧乏に陥らないための3つの心得を伝授することにしよう。第一の心得は、月並みだが、「自 … 続きを読む 45歳から真剣に考えて準備を!「老後貧乏」に陥らないための3つの心得

  3. 26464

    お見合いパーティかマッチング式か?アラフォー婚活に最適なのは実は「ハイブリッド型」だった!?

    春は出会いの季節と言われますが、恋に落ちるような男性との出会いって、意外と少ないんですよね。しかもそれが「結婚」に発展するような出会いとなると、そう簡単ではありません。婚活パーティや街コン&合コンと、世の中にはさまざまな … 続きを読む お見合いパーティかマッチング式か?アラフォー婚活に最適なのは実は「ハイブリッド型」だった!?

注目キーワード

ランキング