2016/2/24 9:59 AM

ディーン・フジオカ、朝ドラ人気爆発でNHK局内に「東西戦争」が勃発!?

20160224dean

 遅れてきたイケメンとして人気沸騰中のディーン・フジオカ。NHKの連続テレビ小説「あさが来た」では、フジオカの演じる五代友厚が1月22日放送回で病死すると、視聴者の間で「五代ロス」が広がったほどだ。そんなフジオカ人気に沸くNHKだが、局内では彼を巡っての東西戦争が勃発中だというのである。テレビ誌ライターが言う。

「フジオカはもともと、次回作『とと姉ちゃん』で重要な役を演じる予定でした。それが『あさが来た』で五代役に適任の役者が見つからず、急きょフジオカに打診が行き、今回の出演に至ったのです。これだけなら局内で役者を融通したように見えますが、連続テレビ小説ではNHK東京とNHK大阪が交互に制作を担当。つまり、本来は東京側がキャスティングしていたフジオカを、大阪側がかっさらった形になっているのです」

 NHKは全国単一の組織であり、民放における東京キー局と在阪準キー局のようなライバル関係は存在しないはずだが、実際には東西のライバル心はかなり強いという。とくに朝ドラでは、前作「まれ」(東京)の平均視聴率が20%を割り込む一方で、「あさが来た」(大阪)は現時点で23.4%と圧勝。大阪にしてみれば「してやったり」の状況なのである。

「フジオカ人気に気を良くしたNHK大阪では、死んだはずの五代を再登場させる予定です。それに対してNHK東京では、放送中の大河ドラマ『真田丸』にフジオカを出演させるつもりだとか。NHKによるフジオカ囲い込みという観測もありますが、実際には東西でフジオカの争奪戦を繰り広げているわけです」(前出・テレビ誌ライター)

 そんな争奪戦の行方だが、東京側には「とと姉ちゃん」にフジオカを出演させるという荒業もありそうだ。朝ドラでの2作品連続出演は異例だが、東出昌大が「あまちゃん」と「ごちそうさん」に連続出演していた実例もある。ともあれ、ファンにとってはフジオカを見る機会が増えるのは大歓迎だろう。

(白根麻子)

Asa-Jo チョイス

  1. 11241

    ただの保湿じゃNO!「○○型セラミド」だからこそ出来る乾燥肌対策とは

    30代から気になりだすのが目や口元の小じわ。肌にも潤いがなくなってくれば化粧のりも悪くなり、見た目年齢も急上昇していきます。こうした肌の老化のはじまりには「とにかく保湿!」とばかりに、化粧水や保湿パック、美容液、クリーム … 続きを読む ただの保湿じゃNO!「○○型セラミド」だからこそ出来る乾燥肌対策とは

  2. 8178

    もう月会費は払わない!婚活本気女子が選んだ結婚相談サービスの大本命は?

    独身、無職、貯金ナシ。貢ぎグセあり‥‥そんなどこかで観たドラマの主人公のような“ダメ女”でもないはずなのに、婚期を逃し続けてまもなく30歳‥‥。仕事も恋愛も積極的にしてきたはずなのに、なぜか結婚だけは縁がなかったっていう … 続きを読む もう月会費は払わない!婚活本気女子が選んだ結婚相談サービスの大本命は?

  3. 12944

    第一印象は肌が9割?紫外線を防御して美肌機能もすごいクリームはコレ!

    ■オシャレより大事なのは…?美容意識の高い女性たちを対象にしたある調査によれば、初対面の人と会った際に、「第一印象で素敵だなと思う人はどこがキレイか」と質問したところ、なんと9割の人が「肌」と回答したそうです。次いで多か … 続きを読む 第一印象は肌が9割?紫外線を防御して美肌機能もすごいクリームはコレ!

注目キーワード

ランキング