斎藤工、ミニシアターに「“工”シート」を買い取る粋な支援に絶賛の声!

 俳優の斎藤工が5月27日、名古屋のミニシアター「シネマスコーレ」で開催されたトークイベントにリモートで出演。その中で“粋な支援”を行い、ネットでは称賛の声が集まっている。

 斎藤はイベントの中で、5月29日~6月4日までの1週間、全上映作品の空席を1席ずつ、合計35席分の購入を表明。自身のインスタグラムストーリーズでも「もし行けたら行っていた魅惑のラインナップなのもあり スコーレさんにわがままを聞いて良い席を頂きました ご来場の方 良かったら遠慮なくここに座ってやってください」とファンに来場を勧めた。

 また、シネマスコーレのツイッターもこのことに触れ、斎藤が買い取った座席の写真とともに「昨日のトークショーで斎藤工さんから驚きのご提案をいただきました…本日5/29(土)-6/4(金)の1週間、上映作品全ての座席を1席お買い上げいただきました…!!!!!各回この貼り紙が登場します。さらにこれが貼られていても、座っていただいて構わないそうです!なんだかドキドキしますね」とツイート。普段より2ケタ多い1.3万いいねが付いている。

ネットでも《今後、このシートは“工シート”と呼ばれ、伝説となるのだろうなぁ。男前!》《名案ですね! 苦境に立たされている業界に対する素敵なエール!》《こんな粋な応援の仕方があるとは…!》など斎藤のサプライズに絶賛の声が相次いだ。

「斎藤は映画会社に勤めていた父親の影響で、幼少期から映画に親しんでいたそう。それだけに映画に対する造詣や愛情は深く、俳優以外にも映画評論家、映画監督としての顔も持っています。苦境に立つミニシアターへの支援はこれが初めてではなく、2月には井浦新や渡辺真起子などの俳優たちと、コロナ禍で経営に苦しんでいる映画館やミニシアターを応援するために『ミニシアターパーク』という団体を立ち上げています」(芸能記者)

 いまだに終わりが見えないコロナ禍だが、斎藤の行動に映画関係者も勇気をもらったのではないだろうか。

(柏原廉)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング