「ナイト・ドクター」、視聴率好調の追い風になったのはあの騒動?

 女優・波瑠が主演を務める月9ドラマ「ナイト・ドクター」(フジテレビ系)の第7話が8月16日に放送され、世帯平均視聴率11.1%と7話連続2ケタ視聴率をキープした。中でもホームレスの受け入れ拒否を巡る問題には、大きな注目が集まっている。

「このドラマは、夜間緊急専門の医師にスポットを当てたオリジナル作品。第7話では、ホームレス男性の濱辺(神尾佑)が、いくつもの病院の受け入れ拒否をされたらい回しに遭い、あさひ海浜病院に受け入れが決まる。この人物は、第1話で階段から転落したホームレス。死への欲求が強く、10年前に家族を失った背景を持っていることが明らかになります」(テレビ誌ライター)

 そんな濱辺に対して、ほかの患者と同じように助けようとする美月(波瑠)。目を覚ました濱辺は、「生きているだけで煙たがられてしまう」と告白。そんな濱辺に対して「世間があなたをどう思うかはわかりません。でもどうか、堂々と生きてください。私は必ず何度でもあなたを受け入れます。それが救急医である私の仕事ですから」と告げる美月に、ネット民も大興奮。「どんな人であろうが命は平等だよ。すごいタイムリーだったね」「今日のナイトドクター、グサグサ刺さるなぁ」さらには「ホームレスでも生きる権利がある。聞いているか、DaiGo」など、熱いコメントが寄せられた。

「メンタリストDaiGoは、8月7日のYouTube配信で『ホームレスの命はどうでもいい』『僕は生活保護の人たちにお金を払うために税金を納めているんじゃない』と発言。ネット上で大きな批判を集め、12日深夜に釈明するも非難の声は止まらず、14日には生活困窮者を支援する4団体が抗議声明を発表。出演していた天然水CMの放送が自粛され、『メンタリストDaiGo監修』をうたっていたマッチングアプリ『with』の公式サイトからも17日までにDaiGoに関する記載は消えています」(芸能ライター)

 あまりにもタイムリーだった月9ドラマ「ナイト・ドクター」の第7話。さらなる注目を集めて、全話2ケタ視聴率もいよいよ視界に入ってきた。

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング