鈴木亮平「TOKYO MER」と「孤狼の血」の演じ分けに驚嘆の声

 鈴木亮平主演ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(TBS系)の第8話が8月22日に放送され、平均視聴率は14.5%と引き続き高視聴率を保っている。

 この日は、山間の病院が停電によって全ての医療機器が停止し、多くの患者が死に直面するパニックとなる。しかもその病院は、土砂災害に巻き込まれる可能性が迫っていた。そんな状況の中、ずっと隠されてきたMERチーフドクター・喜多見幸太(鈴木)の“空白の1年間”を知った音羽尚(賀来賢人)は、激しく反発。「そんな人に命を預けることはできない、命令には従わない」と宣言し、MERメンバーの信頼関係に亀裂が入りかける。そして、喜多見には、危険が迫っていた‥‥。

「本作は、MERを牽引してきた喜多見の温厚なリーダーぶりが好評ですが、ネット上では8月20日に公開された映画『孤狼の血 LEVEL2』で五十子会上林組の組長・上林成浩を演じている鈴木について『救命医と極道の演じ分けに、改めて振り幅の大きさを実感』『まるで別人。演じるということの凄みをあらためて感じた』『同じ俳優とは思えぬ優しさと怖さ』など、話題になっています。鈴木の演技のすばらしさをあらためて見せつけられたようです」(週刊誌記者)

 ドラマと映画で、相反する人物を演じている鈴木。どちらの作品でも観る者を魅了しているのは間違いないようだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング