LiLiCoが「ノンストップ!」スタッフにパワハラ報道もネットはLiLiCo擁護

 タレントのLiLiCoにテレビ局スタッフへのパワハラ疑惑が浮上しているようだ。「週刊女性PRIME」が10月6日配信の記事で報じた。

 同誌は、朝の生活情報番組「ノンストップ!」(フジテレビ系)にレギュラー出演しているLiLiCoに関し、「同番組のスタッフを怒鳴りつけている」との証言を入手。同局の楽屋では専用のカードキーを差すことで明かりがつく仕組みとなっており、ある日、スタッフが事前にカードを差し忘れていたところ、LiLiCoは「私が入る前に準備しておいて!」と担当スタッフを叱りつけたというのだ。

 また、料理コーナーでは食材のチョイスを巡るトラブルも発生。テレビ局関係者によれば、LiLiCoはアレルギー体質で、口に入れるものには細心の注意を払っているとし、あるスタッフが「この食材は大丈夫ですか?」と聞くと、彼女は「なんでダメなの? なにがダメなの? 意味わかんない!」と激昂。LiLiCoの体質を心配した上での質問だったが、虫の居所が悪かったのか、スタッフはまくし立てられてしまうハメに。

 さらに、9年間の番組出演を通して親しい関係となったスタッフには、ほかの番組に関する不平不満を漏らすことがあるとし、「“私たちも別の現場で同じようなことを言われているのでは”と『ノンストップ!』のスタッフたちは戦々恐々としているみたいです」といった証言も紹介している。

 そこで、同誌は当事者であるLiLiCo本人を直撃。一連のパワハラに関して聞くと、「全く心当たりがありません。楽屋入りの時に電気が消えていても何も思わないし、当然そのことを注意したこともありません」と答え、料理コーナーでのやり取りについても「アレルギーで食べられないものはスタッフさんがあらかじめ抜いてくれています。私はいつも“自分でどかしますよ”って伝えているんですけど、ありがたいことにやってくれているんです」としている。

 また、ほかの番組に関するグチを漏らしているといった証言があることには、「世間話の中で、ちょっとした不満や文句を言うことはありますが、それもダメなんでしょうか。受け取る相手次第でパワハラになることはわかっていますが‥‥」とコメント。同誌はフジテレビにも事実関係の問い合わせをしたところ、「ご指摘のような事実はございません」との回答があったという。

「ほかの番組へのグチを『ノンストップ!』スタッフに漏らしているという点以外は、同誌の取材内容と、LiLiCoの主張に食い違いが見られ、どちらが真実なのかは不明瞭な結果に。しかし、直撃取材からしばらくして、LiLiCoから同誌の編集部に直接連絡があり、『番組プロデューサーさんに電話して、もし私の気付かないところで誰かを萎縮させていたり、不快な思いをさせてしまっていたら謝りますって伝えたんです。でも寝耳に水だって言うんですよ』と関係者とのやり取りを説明。さらにLiLiCoは自身の声が“とても強い”ことから、些細な会話でも強圧的に聞こえてしまう可能性を考慮しつつ、『でも、責め立てている気持ちはもちろんありません』とし、『もしスタッフの方を怖がらせてしまったのであれば、謝りたいと思ってます』と真摯に話しています。

 これを受け、世間からの反応はLiLiCoに対する同情票が大半となり、『これってパワハラではなく、使えないスタッフが悪いのでは?』『確かに口調は強そうだけど、何もかもパワハラって言うのはどうなんだろう?』『LiLiCoさん日本育ちじゃないから、ミスしたらハッキリ言いそうだし』『そもそも仕事が出来なかったらめちゃくちゃ怒られまくって当たり前』『最近の子のあるあるですね。仕事で注意してもパワハラと受け取り、全く注意を聞き入れない』との擁護が並びました」(テレビ誌ライター)

 同誌は芸能プロ関係者の言葉も添え、LiLiCoに専属のマネージャーがおらず、収録現場に1人で向かうことも大きく影響していると指摘。結果的にLiLiCoが要望やクレームを番組スタッフに直接伝えなければならず、そこで力関係の差が生じ、些細な発言もパワハラ扱いにつながってしまう可能性があるという。

 LiLiCoは長く出演し続けてきた「ノンストップ!」を「私らしさを出せる大切な場所」と表現し、「これからも番組に関わる方々を大切にしていきたいんです」ともコメント。今回の一件が原因で、LiLiCoのよさであるパワフルかつ力強いキャラクターが霞むことのないよう祈りたいところである。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング