板谷由夏「家庭教師のトラコ」で涙腺崩壊!「ハケン占い師アタル」に続く圧巻の新境地

 女優の橋本愛が主演するドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系)の第5話が8月17日に放送され、板谷由夏演じる智代の遺書に涙腺崩壊する視聴者が続出したようだ。

 今作は、人気脚本家・遊川和彦氏のオリジナル作品。謎の家庭教師・根津寅子(橋本)が、年齢や抱えている問題も違う3人の母親とその子供たちを救う個別指導式ホームドラマ。

 第5話では、中学受験を控えた下山高志(阿久津慶人)の母で、定食屋を営む智代が胃がんであることが発覚。トラコは、高志が大学卒業するまでの金額、つまり智代が安心して死ねる金額を4630万円と見積もり、そのお金を手に入れる方法を模索。しかしお金のメドは立たず、そのうえ高志が私立受験をあきらめ中学を卒業したら店を継ぐと言い出し口論となり、「母さんなんか勝手に死ねばいいんだ」と言われてしまう。智代は火災保険で手に入る4000万円のために家を燃やそうとするが食用油では燃えず、絶望した智代は膝から崩れ落ち「最後までツイてない」と呟く。しかし、それを聞いたトラコは「私には嫌いな言葉が四つある。けどまた一つ増えた。それは“ツイてない”だ」と智代を一喝するのだった。

 トラコは、智代がしたためた遺書を添削して朝までかかって書き上げ、手術中にその遺書を手に取り読む高志。そこには死んだ後のことではなく「何億残しても死ぬことはできない」という智代の思いが。ネット上には「号泣だった」「ボロボロ泣いた」「過去イチ泣けた」などの涙腺崩壊コメントが殺到することに。

 このドラマで智代を演じるにあたって、板谷は「こんなハッチャケた役は珍しいですね。違う自分を引き出してくださるような役を遊川さんがくださるので、すごくやりがいがある」としたうえで「第5話は私も高志もやりきった感があります。すごく感情移入できたので、第5話は泣けるんじゃないかな」と話していた。

「板谷は2019年、遊川が脚本と演出を手掛けたドラマ『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系)で、NOと言えない性格から仕事でも家庭でも頭を抱えっぱなしのイベント会社課長役を熱演。これまでキャリアウーマンのような強い女性を演じることが多かった板谷ですが、『あまり見たことのない板谷が見たい』という遊川のリクエストで新境地を開拓。今回のハッチャッけたおばちゃん役でも、また新たな魅力を見出せたのかもしれません」(週刊誌記者)

 この先も、板谷の演技が楽しみだ。

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング