菊池風磨が明かした「SexyZone」改名の決意と「4年前の屈辱」への思い

 グループ名の変更を検討している最中とされる「SexyZone」。そもそも性加害問題の当事者である故・ジャニー喜多川氏の名前は含まれていないが、メンバーの菊池風磨が改名にこだわる理由を説明している。

 10月18日放送のラジオ番組「レコメン!」(文化放送)内の「SexyZoneのQrzone」で、菊池は2019年にも、とあるトラブルにより改名を考慮したことがあると告白した。当時、「海外が絡んでいたお仕事が決まりかけていた」ものの「グループ名NGが初めて出たんです」と“SexyZone”の名称が原因で仕事がキャンセルされてしまったという。

 菊池は「ボクがよく自虐的に『中国の新聞で性感帯と紹介された』と言ってますけど、直訳するとそういうことなんじゃないか」と“SexyZone”の意味に言及。キャンセルされた仕事は「結構みなさんに喜んでもらえるような、ビックリするお仕事だったんですけど」とし、「それがなくなったということで、会社とも話し合いました」と改名を考えたと振り返った。

「ボクらの主戦場はあくまで日本」としながらも、「こうやって開かれた時代の中で、海外で活動していくとなると、SexyZoneという名前が残念ながらカセ(弊害)になってしまうのではないかと」と説明。結局、4年前はメンバー全員の総意とはならず、改名には踏み切らなかったが、「今、時を経て、会社の一連のお騒がせしてしまっている騒動において、会社の名前が変わると。ひいては会社の名前がついた先輩方(のグループ名)も変わるという中で、SexyZoneも変わるとしたら今なんじゃないかと。そのタイミングがついに来たと」との決意に至り、これはメンバー全員の「満場一致」でもあるという。

「“性感帯”とも解釈できる『SexyZone』のほか、”私の脚にキスをしろ”という直訳になる『Kis-My-Ft2』、さらには“変態”を意味する『Kinky』に近い発音の『KinKi Kids』など、旧ジャニーズにはかなり微妙なネーミングのグループ名が複数存在します。少年への性加害騒動が明るみになる以前なら、特に問題視されはされなかったでしょう。ただ、加害者であるジャニー氏が名付けたとなれば、それらは事務所にとってもメンバーにとっても負の遺産になりかねません。そのため、SexyZoneの改名決意には、ネットでも『大賛成。納得できる気に入った名前を選んでほしいです』と背中を押す声が大半でした」(テレビ誌ライター)

 17日には“ジャニーズ事務所”との名称も消え、新たに「SMILE-UP.(スマイルアップ)」社へと生まれ変わった。SexyZoneについても、世界中から愛され、受け入れられるグループ名を模索していってほしいところだ。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング