ポイントは写真の明度、言葉選び…モテる「婚活プロフィール」の作り方

20170604_asajo_konkatsu

 今や20~30代男女の「出会いツール」として多くの人が利用している婚活アプリ。ただ、使い始めてみたものの、たくさんの男性のプロフィールを見るうちに、どんな人がいいかわからなくなってしまって、使うのを辞めてしまう人も少なくないようです。

 婚活アプリに詳しいライターによれば、「手っ取り早いのは、自分にいいねをくれた人の中から、アリだなと思う人にいいねを押して、何回かやりとりをしながら見極めるのが効率的」とのこと。ただ、そもそも自分に「いいね」があまりつかない場合はどうしたらいいのでしょう。

 そこで、婚活アプリを利用している20~30代男性に、女性のプロフィールのどこを見るか、どういう女性に「いいね」を押したくなるか、リサーチしてみました。

●プロフィール1枚目の写真が明るい雰囲気

「やはり、見た目は重要。1枚目の写真がかわいければ、おっと思う」(28歳・IT)

「顔がすごくかわいいとか美人じゃなくても、公園など明るい場所や、おしゃれなカフェなど雰囲気のあるところで撮っている写真だと好感度が上がる」(30歳・飲食)

「笑顔の写真だと、いい子そうだなと思う」(35歳・団体職員)

自然光や、やわらかい照明の場所で、笑顔で写っている写真を使うのがよさそうです。

●ギラギラ感がない

「高価そうなバッグや衣装だったり、メイクがケバかったりすると、婚活目的に見えない。男出入りが激しそうな人、お金がかかりそうな人は避けてしまう」(33歳・出版)

「写真がプリクラで目が大きくなっていたりすると、マジメに付き合うには違うかなって思う」(28歳・メーカー)

こちらも写真ですが、真剣に交際・結婚できる相手を探しに来ている男性にとっては、派手すぎずきちんとしたイメージの女性のほうがウケがいいようです。

●プロフィールの言葉遣いが丁寧

「『見て下さってありがとうございます』とか『よろしくお願いします』などの挨拶がきちんと書かれているか、その他の文も『ですます調』になっているかどうかは確認します」(31歳・IT)

その他、「絵文字が多様されているのはNG」「ギャル語はNG」という意見もありました。

●男性も一緒に楽しめる趣味がある

「映画鑑賞やカフェ巡り、山登りなど、一緒に楽しめそうな趣味があると嬉しい」(34歳・公務員)

「趣味が『ネイルアート』とか『ショッピング』とかだけだと、一緒に過ごして楽しいと思えないので、共通の趣味があるといい」(30歳・医師)

すごく好きというわけでなくても、男性と一緒にできそうなことを書いておくのが◎。

これらのことに気を付けて、まずは男性たちを魅きつけられるプロフィールを作ってみましょう。そこから、いい出会いをゲットできればいいですね。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング