小栗旬、成宮寛貴、水嶋ヒロが苦しんだ悲惨ないじめ過去

20141217oguri

 芸能人の中で、もっとも多いカミングアウトの1つといえば、自身が過去に体験したいじめに関するエピソードである。12月14日にも、「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演したHKT48指原莉乃が、中学時代にイジメを受けていたことを告白したが、こうした過去を持つのは女性タレントばかりではない。現在、「信長協奏曲」(フジテレビ系)で主演を務める小栗旬もまた、過去にいじめにあっていたことを告白している。

「中学時代、机の中にゴミを入れられたり、自分の私物だけでなく机やイスまでがクラスメートに捨てられていたことがあったそうです。そのため登校拒否となり、卒業式にも出られなかった」(芸能ライター)

 イケメンは黙っていても目立つだけに、標的にされるケースがあるようだ。他にもいじめを受けた俳優は多い。

「成宮寛貴は、母親が選んだ服ばかり着せられていたことが原因でいじめられていたそうです。いじめられないためには、もっとオシャレになるしかないと考えた彼は、上野のアメ横に通い、周りから認められるようセンスを磨き続けたそうです。また、スイスで幼少期を過ごした水嶋ヒロは、今年放送された『アナザースカイ』(日本テレビ系)でいじめ体験を振り返り、『手がぼろぼろに荒れちゃって、ただれて…。中に虫がうごめいているような感じで、噛みちぎってその皮膚が固まって、握手すると人の手を傷つけちゃうぐらい。ホントにそんな状態で…』と、常人では理解できない苦しみを語っていました」

 そんな痛みを味わってきたからこそ、彼らの演技に多くの人が心を打たれているのかもしれない。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング