2017/12/09 10:14

ゲス極・川谷絵音が大塚愛の「ありがたい申し出」を断っていた!?

 ベッキーとの不貞騒動はもはや過去の話なのか。ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のリーダーである川谷絵音が12月3日、自らの誕生日に合わせて生誕イベントの「エノンの日」を開催。東京・台場のZepp Tokyoに満員のファンを集めた。

 本イベントには自ら率いるゲス極、そしてゲス極以前から結成しているバンド「indigo la End」が出演したほか、ゲストとして流れ星、ななまがり、にゃんこスターと3組のお笑い芸人も参加。各コンビが披露したネタに川谷自身が参加するという、お祭り感あふれる演出がファンを魅了したようだ。

「にゃんこスターはゲス極の人気曲『キラーボール』でリズム縄跳びをするという限定バージョンを披露。さらに大塚愛の『さくらんぼ』で、川谷がアンゴラ村長と一緒にリズム縄跳びするというコラボが実現し、ファンは大喜びでしたね」(音楽ライター)

 にゃんこスターには「キングオブコント」での活躍を見た川谷が自ら出演をオファー。最近は川谷とアンゴラ村長が似ているという話題でも盛り上がっており、川谷が会場のバックステージで撮ったアンゴラ村長との記念写真を自らのインスタグラムにアップしたほど。そんなほのぼのエピソードの一方で川谷は、大塚愛からの有難い申し出を断っていたというのである。

「川谷は10月11日に『最近にゃんこスターのアンゴラ村長に似てると言われるようになったことをここに報告します』とツイート。すると大塚が即座に『じゃあ、えのぴょんが、ぴょんぴょんしたら、歌わせてくださいませ』とリプを入れていたのです。その流れで行けば今回の『エノンの日』には大塚がゲストで呼ばれそうなものですが、会場で流れた『さくらんぼ』は大塚による生歌ではなくただの音源。せっかくの好意も川谷にスルーされてしまった形ですね」(同・音楽ライター)

 川谷としては、6歳年上の大塚より、6歳年下のアンゴラ村長と戯れているほうが楽しかったのか?

(白根麻子)

Asa-Jo チョイス

  1. 96122

    寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

    女性も30代40代になると、仕事やプライベートのことなど悩みは尽きませんよね。とくにカラダのこと。といっても美容面だけではなく、むしろ年齢的には健康面に気を付けたいものです。仕事が終わって帰宅、あるいは家事を終わらせて一 … 続きを読む 寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング