嵐・二宮和也とV6・井ノ原快彦「ドラマ視聴率争い」の裏にあった奇縁

 今期のジャニーズ主演連ドラは嵐・二宮和也とV6・井ノ原快彦の闘いとなりそうだ。

「今期のジャニーズドラマでロケットスタートを切ったのは井ノ原主演の『特捜9(ナイン)』(テレビ朝日系)。昨年3月に亡くなった渡瀬恒彦さんの主演作『警視庁捜査一課9係』が、イノッチ主演に切り替わりました。初回の平均視聴率が16.0%の好発進だったので、関係者はホッとひと安心だったとか。一方で二宮の『ブラックペアン』(TBS系)も好調を維持。2人は、今から10年前にもドラマで不思議な巡り合わせがあったことはあまり知られていません」(テレビ誌ライター)

 08年、二宮の代表作のひとつといえるドラマ「流星の絆」(TBS系)が制作された。ある日の撮影で「他人の服を着る」シーンがあった。二宮はなにげなく用意された1着を手に取って試着した。小柄な彼にはブカブカ。サイズを確認するためにタグをめくると、そこには油性ペンで「井ノ原」と書かれていたという。

「バックダンサーのころのジャニーズJr.はユニットごとのステージ衣装が基本。先輩からのお下がりなので、必ず誰かしらの衣装を着ることになります。しかし、ドラマの現場でカブることは、極めて稀。ニノはうれしさのあまり、イノッチにメールで知らせたそうです」(前出・テレビ誌ライター)

 V6は6人で嵐は5人。嵐には必然的に同じ5人編成のTOKIOの服が回ってきたという。松本には長瀬智也。180cmを超える長身の長瀬の短パンは、松本にとってハーフパンツだった。相葉には松岡昌宏。こちらも、長身の松岡の衣装を細身の相葉は持て余していたようだ。二宮には城島茂。タグの箇所に「城島」ではなく「茂」と書かれているのが、リーダーらしかったとニノは記憶している。

 ちなみにV6の衣装は、デビュー時は6人だったKAT-TUNに回されることが多かったようだ。ジャニーズグループの人数編成は、意外と重要かもしれない。

(北村ともこ)

Asa-Jo チョイス

  1. 187417

    イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

    仕事で疲れて帰宅した夜や退屈な休日、ちょっと息抜きや気分転換をしたいときってありますよね?そんな時間にイケメンたちから癒しや元気をもらえる無料アプリがあるんです!そのアプリとは……ズバリ、ライブ配信アプリ「ふわっち」。幅 … 続きを読む イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

  2. 196783

    新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

    「よし、今日からこれを習慣化させたい!」と思っても、それを実行に移すのは容易ではありません。これまでやってこなかったことを取り組むようにするには、高い意識が必要です。とはいえ、いつも高い意識でいるのは難しいですよね。そこ … 続きを読む 新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

  3. 192828

    家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

    そろそろ本格的な秋冬シーズンがやってきます。気温が下がって空気も乾燥することから、風邪をひきやすい時期でもありますね。みなさんは、自分や家族の風邪予防のために日々どんな準備をしていますか?あまり知られていないかもしれませ … 続きを読む 家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

注目キーワード

ランキング