娘が虐待死寸前だった!? 梅宮アンナの「鬼ママ伝説」に視聴者があ然ぼう然

20160218umemiya

 2月9日、梅宮アンナが「白熱ライブ ビビット」(TBS系)で、ひとり娘の百々果さんと、「別居している」と発言。この驚きの子育て法について、ネット上で物議が巻き起こっている。

「アンナは02年に百々果さんを出産。翌年、離婚したあとは、アンナの父である梅宮辰夫邸に身を寄せ、親子三世代で同居生活を送っていました。ところが、アンナの荷物が増えすぎたことで、ある日、百々果さんとつかみ合いのケンカになってしまい、結果的にアンナのみ辰夫邸から追い出されてしまったとか。現在、アンナは都内の高級マンションでひとり暮らし。週3回ほど娘が生活する実家を訪れているそうで、『別居という距離を取ることで、お互いを思いやることができるようになった』と語っていたのですが‥‥」(芸能記者)

 これにはネット民たちも、「ただの育児放棄」「辰夫が娘と孫を甘やかしているだけ」「結局、自分だけの城を持って好き勝手やりたいワガママ娘のまま」などと驚きを隠せない様子だが、アンナの鬼母ぶりはすでに出産当初から現れていたという。

「アンナは娘を外国籍にしたいと、米国で出産。日本に帰国する際、産まれたばかりの娘が機内で泣いてしまうことを恐れ、睡眠シロップを投与したことを明かし、『産まれたばかりの赤ちゃんに、信じられない!』と、大バッシングを受けました。アンナは睡眠シロップを気に入り、その後もたびたび使用していたそうで、『ずっと起きなくて焦った経験もある』という話を笑いながら番組で話していたこともありましたね」(女性誌ライター)

 一歩間違えば、大事になりかねなかった!?

「さらに、出産時に20キロ近く太ったことでノイローゼになり、乳児の世話は6人もいたという乳母に任せ、自分はひたすらダイエットに励んでいたそうです。ちなみに、胸の形が崩れることを懸念して、母乳をひと口も与えていないことも有名なエピソードですね」(前出・女性誌ライター)

 こういったエピソードだけ聞けば、娘と母親がつかみ合いするのも納得がいく。子育てをしているとストレスがたまるといちいち不満を口にするアンナだが、「母親になるべきじゃない」「金があるから虐待事件になってないだけ」という声もあるように、これではママ層の賛同は到底得られそうにない?

(烏山麻衣子)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング