ダウンタウンDX「厳戒収録」で開発された“遠隔ツッコミ”の秘密兵器とは

 5月14日に放送された番組「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)で、ダウンタウンの二人が“36日ぶり”に再会。ソーシャルディスタンスを意識して、2メートルほど距離を取りながら自粛期間中についてトークを展開。その中で思わぬ秘密兵器が登場した。

「番組開始早々、『近づくな、と言われている』『俺はできれば(浜田と)ディープキスしたかった』といってボケる松本人志。しかし二人の距離が離れているため、直にツッコミを入れるわけにもいかず、浜田雅功はおよそ2メートルの『超ロングピコピコハンマー』を用意。視聴者からは『浜ちゃんのピコピコハンマーめっちゃ長い』『ピコピコハンマー出てきてめちゃくちゃ笑ってる』『じっと待ってるまっちゃんが可愛い』との歓声があがったのですが、残念ながらそのハンマーは松本の脳天を叩いても『ペコッ』と情けない音がするばかり。これには松本も『めっちゃ待たなあかん』『この距離はいいですよ。DVにあわなくて済むから』とスタジオの笑いを誘っていました」(テレビ誌ライター)

 36日ぶりのツーショットトークが盛り上がり、その後〈打ち合わせで思わず撮れた、本人も知らない“意外な口グセ&仕草”傑作選〉などをオンエアして、番組はなんとか体裁を保ったが、今後も収録自粛が続くとバラエティ界に構造改革が起こるという予測もある。

「テレワークが進むと、ダウンタウンのように仕切りの上手い人気MCのいる番組はまだしも、そうでない番組はクロストークが難しいだけに面白さが半減。バラエティ番組の人気は二極化しそうです。また、主演できるタレントの数も限られるため、ひな壇芸人たちはいよいよ露出の機会が減る可能性が高い。YouTubeにシフトする芸人がますます増えるでしょうし、リモート映像の質が落ちるため、視聴者の方もYouTubeなどの他メディアに流れる可能性があります」(放送作家)

 「超ロングピコピコハンマー」のウケはイマイチだったが、今後のバラエティ界には、あっと驚くような発明が求められそうだ。

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 107566

    レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

    イケメンのレーシングドライバーとデートしませんか?──編集部からライターの自分に唐突な依頼。戸惑いながらも、「ぜひっ!」と即決。とはいえ、アラフォーの私はレースのことは詳しくないし、しかも19歳って……。不安ながらもワク … 続きを読む レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング