2015/11/14 5:58 PM

オトコの影は危険?「女子会カースト」の実態とは

20151114joshikai

 女性だけで集まり、食事やお酒を楽しんだり、あるいはお泊まりしたり。女子会を楽しむ女性たちは多いが、オンナが数人集まれば、自然とできてしまいがちなのが「女子会カースト」。

 誰がこの場の権力者なのか? 誰に従うべきなのか? 全員が同等な立場ではなく、自然と上位層・下位層ができてしまうのだ。

 そんな「女子会カースト」を経験した女性たちに、その実態を聞いてみた。

 27歳会社員のKさんの場合は、あることをキッカケに女子会カーストでイッキに下位層に落とされ、女子会を離脱したことがあるという。

「英会話教室で仲良くなった人たち6人で、よく女子会をやっていたんです。私がみんなに声をかけたのがキッカケだったので、もちろん最初は私が店の予約や待ち合わせもしていて、その場の中心だったんです。それがある日、会社帰りに男性上司と2人で飲みに行ったところを女子会メンバーにたまたま見られてしまって。上司とはただ仕事の話をしていただけなんですけど」

 女子会ではカレシの話もしていたというKさんだったが、

「知らない間に、『Kってカレシがいるのに別の相手と付き合ってる』という話になってたみたいで。その男性上司、イケメンだったんで嫉妬されたんですかね」

 ということで以降、女子会の仕切りは別の人がやるようになり、Kさんは誘われるものの、「話をさえぎられたり、カレシの愚痴を言おうとすると『モテるんだから別にいいじゃん』と言われたり」するようになったのだとか。

 Kさんと同じような経験を、34歳会社員のNさんもしているという。

「私は去年、離婚したんです。離婚するまでは、会社の同僚たちと女子会をよくやっていて、離婚相談にも乗ってくれて。みんな心配してくれてありがたいなと思ってました」

 ところが最近、年下のカレシができた。さらに、会社の後輩男性からも告白をされたNさん。

「カレシはまだ20代で、後輩男性のほうは31歳で少し年下。この話を女子会でしたら、みんなサーッと引いたのを感じました。そこから自分の話をしづらい空気になって、女子会では“いるだけ”の地味な存在になってます。普段一緒に仕事をしてる仲間なので、抜けづらくて‥‥」

 Nさん曰く、「女子会では現在進行中の不幸話を持ってる子のほうが、もてはやされるんですよね」とのこと。

 一度入ってしまうと抜けづらい女子会では、オトコ関係の幸せ話は厳禁と心得ておきましょう。

Asa-Jo チョイス

  1. 11241

    ただの保湿じゃNO!「○○型セラミド」だからこそ出来る乾燥肌対策とは

    30代から気になりだすのが目や口元の小じわ。肌にも潤いがなくなってくれば化粧のりも悪くなり、見た目年齢も急上昇していきます。こうした肌の老化のはじまりには「とにかく保湿!」とばかりに、化粧水や保湿パック、美容液、クリーム … 続きを読む ただの保湿じゃNO!「○○型セラミド」だからこそ出来る乾燥肌対策とは

  2. 8178

    もう月会費は払わない!婚活本気女子が選んだ結婚相談サービスの大本命は?

    独身、無職、貯金ナシ。貢ぎグセあり‥‥そんなどこかで観たドラマの主人公のような“ダメ女”でもないはずなのに、婚期を逃し続けてまもなく30歳‥‥。仕事も恋愛も積極的にしてきたはずなのに、なぜか結婚だけは縁がなかったっていう … 続きを読む もう月会費は払わない!婚活本気女子が選んだ結婚相談サービスの大本命は?

  3. 12944

    第一印象は肌が9割?紫外線を防御して美肌機能もすごいクリームはコレ!

    ■オシャレより大事なのは…?美容意識の高い女性たちを対象にしたある調査によれば、初対面の人と会った際に、「第一印象で素敵だなと思う人はどこがキレイか」と質問したところ、なんと9割の人が「肌」と回答したそうです。次いで多か … 続きを読む 第一印象は肌が9割?紫外線を防御して美肌機能もすごいクリームはコレ!

注目キーワード

ランキング