2016/02/05 17:58

女子なら知っておきたい、ドライヤーの使えるテクニック6つ

20160205dryer

 毎日お風呂上がりに使うドライヤー、実は髪を乾かすだけでなく、女子にうれしい使い方がたくさんあるんです!

 そんな、メイクやファッションに役立つドライヤーの裏技を教えます。

【1】折れた口紅を修復する

使っている間につい口紅がポキッと折れてしまったら‥‥。カンタンにくっつけるには、折れた断面をドライヤーで温めてから、元の位置に押しつけるようにして接着すればOK。しばらく冷やしておけば、元通りになります。

【2】化粧崩れを防ぐ

いつものように化粧水や乳液をつけたら、ドライヤーを冷風にして30cmほど離した状態で顔にあて、冷やします。肌が冷えてきたところで、下地やファンデーションをつけ、仕上げにもう一度冷やすことで、汗や皮脂で化粧崩れするのを防ぐことができます。

【3】服のニオイを抑える

服を着替えられないタイミングで、焼肉やタバコのニオイがぷんぷん……。そんなときには、ドライヤーを冷風にして服全体にあてれば、ニオイを軽減することができます。

【4】靴のサイズを合わせる

買ったばかりの靴がちょっとキツめだった場合、分厚い靴下を履いた状態でその靴を履き、靴全体にまんべんなくドライヤーの温風を当てます。熱が冷めるまで履いた状態にすると、足が痛くならないピッタリサイズに。

【5】くるっとしたまつげを作る

いつも使っているビューラーを、ドライヤーの温風で温めてから使うと、何度も押さえつけなくてもすぐにカールが作れるうえ、くるっとした状態が長持ちします。

【6】傘やバッグの撥水効果を復活させる

傘などのレイングッズや撥水加工を施したバッグが、使っているうちに水を弾かなくなってしまったら。ドライヤーの温風を全体にまんべんなく当てましょう。そうすることで、撥水加工材が甦り、再びしっかり水を弾くように!

 ドライヤーはオシャレ女子には欠かせないアイテム。裏技も使いこなして、メイクやファッションを楽しんでくださいね。

Asa-Jo チョイス

  1. 22213

    エステサロンでも実践!おウチでできる美肌スキンケアとは?

    肌はカサカサでシワ・シミ・たるみ・ほうれい線も目立ち始め、毛穴は開きっぱなし‥‥。私たちアラフォー世代は、日々子育てや仕事に追われているせいか、今までのお手入れだとお肌の悩みが解消されない方も多いのでは!?おかげですっぴ … 続きを読む エステサロンでも実践!おウチでできる美肌スキンケアとは?

  2. 22174

    「腸活美人」はなぜキレイ?ダイエットのカギ握る「生きた酵母」の効果的な摂り方とは

    なかなか納得のいく効果がでないダイエット。その理由が「腸」にあるとしたら‥‥驚きませんか? 「健康の源は腸にあり」といわれますが、実はダイエット成功のカギも腸が握っているんです。そもそも太ってしまう原因は、運動不足や生活 … 続きを読む 「腸活美人」はなぜキレイ?ダイエットのカギ握る「生きた酵母」の効果的な摂り方とは

  3. 22758

    彼氏も嫌がるデリケートゾーンのその匂い、切らない最新治療法で原因からシャットアウト!

    ワキガの匂いは色々なものに例えられます。特に、ツンとした刺激臭がすることから、ネギ、鉛筆の芯、お酢、クミンなどの酸っぱいにおいや、チーズが腐ったような匂いに多く例えられます。あなたのデリケートゾーンから、そんな独特の匂い … 続きを読む 彼氏も嫌がるデリケートゾーンのその匂い、切らない最新治療法で原因からシャットアウト!

注目キーワード

ランキング