香取慎吾「5年ぶり民放ドラマ」と「詩の才能」にファンが熱視線!

 香取慎吾が、5年ぶりに民放ドラマに出演することが明らかになった。作品は2021年1月スタートの「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」(テレビ東京系)だ。香取は一匹狼の捜査官・万丞渉を演じる。

 このドラマは、社会問題化しているネットの誹謗中傷や炎上にスポットを当てた物語。香取演じる主役の万丞は鋭い洞察力を持ちながらも、ある事件をきっかけに第一線から外され、ネット上のキーボードによる殺人=指殺人を取り締まるために新たに開設された警視庁指殺人対策室に配属され、顔の見えない犯罪者=アノニマスに苦しむ人々の事件を解決に導いていく。

 香取はドラマの公式サイトで「2021年の幕開けに、僕を必要としてくれたスタッフの皆様の思いとともに、テレビで、テレビ東京で、今の香取慎吾の全力を視聴者の皆様にお届け出来るように頑張ります」と、感謝の気持ちをコメントしている。

 香取といえば、ここ数年芸術家としての活動も目立っており、2019年3月には日本初の個展となる「サントリーオールフリーpresents BOUM!BOUM!BOUM! 香取慎吾NIPPON初個展」を都内で開催。絵画やオブジェなど多数の芸術作品を発表している。

「最近は香取の新たな才能に注目が集まっています。それが詩。香取はブログで自身の描いた絵とともに自作の詩をアップ。ファンの間で評判になっています」(芸能ライター)

 11月25日には、「赤い線」と題した詩をアメブロに投稿。歌の歌詞にもなりそうな繊細な表現を披露している。

「香取は元号が令和に変わる前の2019年4月1日、ブログで筆にまつわる詩を公開。『私は筆』というタイトルで『まさか こんな大役が私に回ってくるとは』『私を使って書いてくれた 漢字が 沢山の人間に愛される漢字になって欲しい』というもの。ファンからは『筆さん大役お疲れ様でした』『“令和”と書かれた漢字は、これから皆に愛されるんだね』などの反響が寄せられました」(女性誌記者)

 いつの日か「新しい地図」の新曲に香取慎吾作詞のクレジットが登場するかもしれない?

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング