ベッキー、「人の気持ちを考えちゃう」発言が共演者にバカ受けも「視聴者は別」の“ジレンマ”

 バラエティ番組「上田と女が吠える夜」(日本テレビ系)に、タレントのベッキーが出演。その際のある発言に、視聴者から、過去のスキャンダルを蒸し返されつつ批判する声が上がってしまっている。

 同番組の5月17日放送回のテーマは「ネガティブすぎる女たち」。「他人に共感しすぎちゃう」と語り出したのは、女優の工藤美桜だった。

「ケガしてる人を見ると、自分も同じように痛くなってきちゃう」と前置きした工藤。「ドッキリ」企画やや突発的な“アクシデント”映像を仕事で見る時も、「何回か意識が飛びそうになる。私も衝撃を受けちゃうので」と、他者の痛みへの共感が仕事上、妨げになっていると打ち明けたのだ。

 MCの上田晋也が驚いていたところに、「その人の気持ちを考えちゃうから」と割って入ったのがベッキー。「ここ最近だと、紅白歌合戦」とベッキーは語り始めると、「毎年のようにけん玉チャレンジやってる」と、けん玉が特技の演歌歌手・三山ひろしが紅白で歌唱中に、三山を含む100人以上でけん玉に挑戦するギネス記録にチャレンジするという企画を例に出し、「絶対に見られない!」と断言したのだ。

 そんなベッキーに、上田は笑いながら「別にいいじゃん。仮に失敗しても、“残念だったね”でいいじゃん」とコメント。しかし、ベッキーは「失敗した人の気持ち、けん玉を提供した人の気持ち、(ギネス)世界記録の判定員の人たちの気持ち…」と、企画に関わる様々な人の気持ちを「もう全部考えちゃうからムリ」と、主張して出演者を笑わせたのだった。

「三山は2017年大晦日の紅白でけん玉チャレンジに初挑戦。三山を含む124人がステージ上に並んでチャレンジましたが、14人目が失敗しました。しかし、翌18年は124人全員が成功して見事ギネス認定を達成。19年は再度失敗に終わりましたが、20年から3年続けて成功してギネス記録を更新しています」(テレビ誌ライター)

 ところが、このベッキーの発言、そしてそれがスタジオでウケたことに、視聴者は猛批判。「ベッキーが言ってることは視聴者受けを狙ったポーズにしか聞こえない」「ホントに他人の気持ち考えてたら不貞とかできないだろ」「相手の奥さんの気持ちは考えてないよね」と、過去のスキャンダルを思わせるツッコミなどが続出してしまったのだ。

「ベッキーは16年1月、ロックバンド『ゲスの極み乙女。』(当時、現在は「ゲスの極み乙女」)のボーカル・川谷絵音との不貞を『週刊文春』にスクープされました。川谷はアマチュア時代から支えてくれていた一般女性と前年に結婚していたことがその時明らかになりましたが、その後知り合ったベッキーと親密になり交際に発展。川谷の実家がある長崎に二人で旅行し、川谷の親とも対面したことが報じられました。ベッキーは交際を否定し、川谷も結婚自体を否定したんですが…」(芸能ライター)

 ベッキーは「文春」の発売前日に記者会見し、「お付き合いということはなく、友人関係」と、釈明。ところが翌週発売号には川谷の妻のインタビューが掲載され、さらに翌週にはベッキーが「友達で押し通す予定!笑」などと川谷とLINEで赤裸々なやり取りをしていたことも、画面の写真つきで公開。二人は多大なダメージを負い、一時活動停止に追い込まれてしまったのだった。

「この騒動で生まれたのが、“ゲス不倫”というパワーワード。それだけ二人の不貞はインパクト大で、また、川谷の妻への思いやりのなさも話題になりました。それだけに、ベッキーの“人の気持ちを考えちゃう”発言に敏感に反応する視聴者も多かったのでしょう」(前出・芸能ライター)

 まる7年が経過しても、ふとしたことでぶり返すゲス不貞のイメージ。何とか脱出に「成功」していただきたいものだ。

(石見剣)

Asa-Jo チョイス

  1. 169711

    血中コレステロールは「増やす」ことも大事!?血中コレステロール対策のポイント

    「40歳を過ぎてから、年々、コレステロールの値が…」と、気になっている方は多いのではないでしょうか? 体調に大きな変化がないからと気にしないまま過ごしがちなコレステロールですが、やはり指摘されると気になるもの。早めに対策 … 続きを読む 血中コレステロールは「増やす」ことも大事!?血中コレステロール対策のポイント

  2. 164837

    40~50代でもバストの悩みが解消できる!?業界のパイオニア「SUNMEDICAL」なら応えてもらえる!

    普段は隠れているところだけれど、美しかったらいいな、服越しにかっこよく見せたいな、と思う体の部位といったら断然バスト。なぜなら、人と会う際、顔を見るのと同時に視界に入ってくるのがバストだからです。つまり、あなたの第一印象 … 続きを読む 40~50代でもバストの悩みが解消できる!?業界のパイオニア「SUNMEDICAL」なら応えてもらえる!

  3. 165060

    毎月のつらい生理。解放されたキッカケはオンライン診察からの「低用量ピル」でした

    生理のせいで、時々、あーっ…! と思うことはありませんか? たとえば旅行とタイミングがぶつかってしまった時、仕事や学校などが忙しく休みにくいのに体調が悪くなった時、温泉やプール、海などに遊びに行こうと思った時。小~中学生 … 続きを読む 毎月のつらい生理。解放されたキッカケはオンライン診察からの「低用量ピル」でした

注目キーワード

ランキング