2015/12/27 09:57

吉永小百合 親子役で共演した嵐・二宮和也に“べた惚れ”の理由とは?

201512310107ll

 2015年12月12日、吉永小百合(70)の主演映画「母と暮せば」(松竹)が公開された。都内の劇場では上映前、初日舞台挨拶が行われたのだが、何やら小百合様を困惑させる事態となってしまったのである。

「劇中で小百合と親子を演じたのは嵐の二宮和也(32)です。そのため、劇場では“サユリスト”の肩身が狭い様子で、二宮ファンの若い女性たちが目立って、前方の席は彼女たちで埋まっていた。配給元としては、二宮ファンで動員が伸びることが期待できる絶妙なキャスティングだったのですが、まさか買い占めのような状態になるとは‥‥」(舞台挨拶を取材した芸能記者)

 二宮は「小百合さんと一緒の船に乗って、本当に幸せな時間を過ごしました」などと吉永にあてた手紙を朗読し、吉永も思わず感激。会場の二宮ファンも、その余韻を引きずったまま観賞して感動に浸ってくれるかと思われたのだが‥‥。

「なんと舞台挨拶終了でキャストが退席すると、前方のファンがバタバタと席を立って空席が目立つようになってしまった。どうやら、退出した二宮の“追っかけ”をするためだったようですが、本人がいないパブリックビューイングの劇場でも同じ現象が‥‥。二宮ファンの多くは、作品には興味がなかったのでしょうか」(前出・芸能記者)

 今作は「戦後70年」の企画として製作されており、吉永にとっては思い入れの強い作品。二宮にしても、俳優としての評価をさらに高める意欲作だったはずだ。ファンにも最低限のマナーは守ってほしかったが、そんな“雑音”にも紛らわされず、実は二宮と吉永はいたく親密だったというのだ。

「二宮があまりにも礼儀正しく、しっかり演技を合わせてくるので、小百合がメロメロになってしまったんですよ」(映画関係者)

 会見などでも、吉永は二宮のことを「フェアリー(=妖精)」と呼んで称賛。「撮影が終わって二宮さんに会えなくてさみしい」などと、まるで“恋心”のような感情まで剥き出しだったのだが、現場でも2人の“ただならぬ関係”が噂になったことがあったようだ。

「役に入り込んでいたせいか、二宮は現場で小百合のことをずっと『お母さん』と呼んでいた。撮影の合間には『お母さん、疲れてませんか?』とあれこれ気遣い、クランクアップの際も『お母さん、本当にありがとうございました』と深々と頭を下げていた。吉永はすっかり目がハートマーク。二宮のことを実の息子、いや、深い愛情で結ばれた“恋人”のように思っていたようです。かつての東山紀之と故・森光子さんのように、プライベートでも小百合からの“指名”が入るかも」(女性誌記者)

 嫉妬深いジャニーズファンといえど、お相手が大女優・吉永小百合様なら静観するしかないだろう。

Asa-Jo チョイス

  1. 100375

    先が見えない今だからこそ考えたい! 話題の“オンラインセミナー”活用術

    昨今のリモートワーク急増により、多くの場面で“オンライン化”がニューノーマルとして定着しました。同時に、こうした変化の不安からか在宅中の余暇を“学び”に充てる人も多く、手軽に参加できるオンラインサロンやセミナーのニーズが … 続きを読む 先が見えない今だからこそ考えたい! 話題の“オンラインセミナー”活用術

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 98626

    血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

    血行不良による冷えやむくみ、仕事や家事の疲れによる脚のコリ……。アラサー、アラフォー女性の健康に対する悩みは尽きませんよね。そこで、同じような悩みを抱える30代のライターである私が、身も心も“キレイ”になるための方法を考 … 続きを読む 血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

注目キーワード

ランキング