菜々緒、高校時代の校則違反が12年後に明らかに!?

 女優の菜々緒が6月17日、インスタグラムにて自らの天然パーマについて言及した。菜々緒は久しぶりに思い切って髪を切ったところ、毛先の重さがなくなったことで天然パーマがさく裂したと報告。投稿に添えた画像では耳の高さから胸元までの髪の毛が「縦ロールとウェーブのミックス」となっているのが一目で分かる状況となっている。

 本人によると「大人になって天パ落ち着いたと思ったら全然だった」そうで、昔から天然パーマの髪質だったようだ。そんな菜々緒の告白に、一部から驚きの声があがっているという。芸能ライターが指摘する。

「高校時代から天然パーマだったはずの菜々緒ですが、当時の写真ではストレートなミディアムロングになっているのです。彼女は高一で『ミス・セブンティーン』のオーディションに応募し、最終選考まで進出。候補者の一人として誌面にも登場しており、少し外ハネながら自然なストレートヘアを披露しています。さらに『卒業アルバム流出』としてネット上に出回っている写真でも同様のストレートになっているので、どうやら高校生の時はストレートパーマを当てていたようですね」

 天然パーマに悩む女性にとって、ストレートパーマや縮毛矯正は救いの手段だ。しかし校則で「パーマ禁止」を定めている高校では、たとえストレートパーマといえどもパーマには違いないとして、禁止の対象にしているところも珍しくない。菜々緒の場合はどうだったのだろうか。

「菜々緒は13年に母校の野球部がセンバツで優勝した時、公式ブログで具体的な学校名をあげて応援していました。その母校では校則によりパーマ禁止なので、菜々緒は今回のインスタグラム投稿で、自らの校則違反を明かした可能性もありますね。もっとも髪を巻くほうのパーマにはどの学校でも厳しい対応を取っているのに対して、ストレートパーマに関してはほとんどの場合は黙認しているのが実情。在学中の後輩たちもいまごろ『菜々緒姐さんもストパーだったんだ!』と喜んでいるかもしれません」(前出・芸能ライター)

 最近は薄めの化粧なら黙認する高校もあるが、さすがにパーマや染髪については未だに厳しいという。菜々緒も10年以上前の在学時は、ドキドキしながら学校に通っていたのかもしれない。

(白根麻子)

Asa-Jo チョイス

  1. 125211

    実はワタシ、ドロドロの世界を垣間見たい欲望に満ち溢れているの

    「偽善ヅラのマウント女に仕掛ける壮絶な復讐」、「ウソをバラまき新居を乗っ取ろうとする執拗な姑」、「親の借金、妹の賠償、金に翻弄される不幸女のドロ沼」……etcこんな文言に見覚えがある方もいらっしゃるのではないでしょうか? … 続きを読む 実はワタシ、ドロドロの世界を垣間見たい欲望に満ち溢れているの

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 107566

    レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

    イケメンのレーシングドライバーとデートしませんか?──編集部からライターの自分に唐突な依頼。戸惑いながらも、「ぜひっ!」と即決。とはいえ、アラフォーの私はレースのことは詳しくないし、しかも19歳って……。不安ながらもワク … 続きを読む レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

注目キーワード

ランキング