2016/11/21 10:15

石原さとみ「15年間の芸能生活」をまるっと校閲(3)制作陣が「山口百恵の役を担える女優」と絶賛

20161121ishiharac

 デビューから早くも15年目を迎え、その高い演技力に加えて誰からも好印象を持たれるキャラクターで現在のポジションを築き上げてきた石原さとみ。メディア受けする迷言やスキャンダルがあるわけでもなく、決して派手なタイプの存在ではないにもかかわらず、最新主演ドラマのタイトルさながらに「地味にスゴイ!」軌跡を追ってみた。

 続いてはドラマ編。デビューの年に早くも朝ドラヒロインに大抜てきされ、大先輩のヒット作リメイクでは演技力が高評価された。

 厳密には03年の単発ドラマ「窓を開けたら」(NHK)がドラマ初出演となるが、一般的にはその翌月に連ドラの初レギュラーを務めた「きみはペット」(TBS系)が初出演作とされている。同作品放送期間中には、同年秋スタートの朝ドラ「てるてる家族」のヒロイン抜てきが報じられた。紺野まひる、上原多香子、上野樹里との4姉妹の末っ子役でナレーションも務めるという好待遇ぶりだった。

 朝ドラの直前には「ビクター・甲子園ポスター」キャンペーンのイメージガールにも抜てき。若手女優の登竜門と言われる役を務め、快進撃のデビュー年となった。

 翌04年にはSPドラマ「ビー・バップ・ハイスクール」(TBS系)のヒロインに抜てき。05年の「赤い疑惑」(TBS系)では、制作陣から「ようやく山口百恵の役を担える女優と出会えた」と評価されていた。05年には「義経」でNHK大河ドラマ初出演。続いて06年には「Ns’あおい」(フジテレビ系)で連ドラ初主演とトントン拍子の出世ぶりを見せ、輝かしい10代を締めくくった形だ。

 09年には「ヴォイス~命なき者の声~」でフジテレビ月9に初出演し、これ以降は月9の常連に。そのわりには主演作は15年の「5→9~私に恋したお坊さん~」まで待たされた。そして、今クールの「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」(日本テレビ系)では、彼女らしさあふれる働く女性の役で主人公を務めている。

Asa-Jo チョイス

  1. 24889

    周りからの視線が変わった!女性の「理想の顔」に近づく裏技とは?

    ヘアスタイルを変えたり、新しい洋服をデビューさせたり、あなたのちょっとした変化を周りは、気付いているものです。周りからの視線が変わったり、「ちょっとイメージ変わったね」などと言われると嬉しいものですよね。髪型や服装で「可 … 続きを読む 周りからの視線が変わった!女性の「理想の顔」に近づく裏技とは?

  2. 29149

    45歳から真剣に考えて準備を!「老後貧乏」に陥らないための3つの心得

    淑女読者は独身であっても、あるいはパートナーのいる方であっても、老後の経済生活に不安を抱えていらっしゃる方が多いのではないか。今回は老後貧乏に陥らないための3つの心得を伝授することにしよう。第一の心得は、月並みだが、「自 … 続きを読む 45歳から真剣に考えて準備を!「老後貧乏」に陥らないための3つの心得

  3. 26464

    お見合いパーティかマッチング式か?アラフォー婚活に最適なのは実は「ハイブリッド型」だった!?

    春は出会いの季節と言われますが、恋に落ちるような男性との出会いって、意外と少ないんですよね。しかもそれが「結婚」に発展するような出会いとなると、そう簡単ではありません。婚活パーティや街コン&合コンと、世の中にはさまざまな … 続きを読む お見合いパーティかマッチング式か?アラフォー婚活に最適なのは実は「ハイブリッド型」だった!?

注目キーワード

ランキング