永野芽郁の転機になった映画「マイ・ブロークン・マリコ」、 支えた親友の存在とは?

 女優・永野芽郁が都内で行われた主演映画「マイ・ブロークン・マリコ」の大ヒット御礼舞台挨拶に出席。女優として転機となった作品の魅力について語っている。

 この映画は、漫画家・平庫ワカ氏による同名漫画が原作。ブラック企業に勤めるシイノトモヨ(永野)がみずから命を絶った親友・イカガワマリコ(奈緒)の魂を救うために、毒親から遺骨を強奪して旅に出るロードムービー。9月30日の公開後、リピーターが続出しているという。

 この役を演じるために永野は、撮影の11カ月前からドクターマーチン(靴)を履き慣らし、4カ月前からタバコを吸う練習を始めた。裸足で荒々しく走り、タバコを吸い、マリコを亡くした悲しみや、めまぐるしく変わる感情を全部さらけ出し、泣き叫ぶ永野の演技に胸打たれた観客が続出しているという。特に包丁を振り回しマリコの遺骨を強奪。2階の窓から飛び降り、11月の川に転がり落ちるシーンは圧巻。永野自身も転機になる作品になったと話している。

 今作の成功には、マリコ役を演じた奈緒の存在も欠かせない。プライベートでも親友だという2人。クランクイン前に永野は奈緒の家を訪ね、「“マイ・ブロークン・マリコ”を一緒に乗り越えよう。やっぱりシイノとマリコの世界は2人だけの世界だから、私たちだったら絶対作れるという話をして、新たな決意ができた。奈緒ちゃんと話せたことで不安が安心に変わりました」と話したという。

 2人は2018年のNHK朝ドラ「半分、青い。」で永野がヒロインの楡野鈴愛役。奈緒は幼馴染の木田原菜生役を演じて意気投合。いつしか共演を夢見ていたが、くしくも「マイ・ブロークン・マリコ」で共演がかなった。

「映画の公開舞台挨拶で2人一緒に登壇した際は『絶対に見てほしいと思う作品ができたことを誇りに思います』と話し、奈緒と見つめ合い涙をこらえる場面もありました。2人にとってもこの作品は忘れられない作品になりそうです」(女性誌記者)

 今後も、若い女優2人が切磋琢磨して成長してゆく姿を見続けていきたいものだ。

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング