IKKO、月々の「60代で30代肌をキープ」美容代が衝撃!「もはや研究費?」の声

 タレントで美容家のIKKOが、2月4日放送の「痛快!明石家電視台」(MBS系)で毎月支払う驚きの美容代を告白した。

 この日の番組では世間がIKKOに抱くイメージを調査すべく、街頭インタビューを実施すると、やはり美容にまつわるものが多く「なんでそんなにお若いのか」「肌がキレイすぎる」といった声が集まった。

 これを受け、現在61歳のIKKOは「60代になっても30代の肌をキープしたい」と述べると、実際、肌質の調査をした際には「皆さん通常1000個ぐらいあればいい」という「美肌菌」が自身に「3万6000個」もあったという。

 また、毎月に費やす美容代について聞かれると、「40代の時はだいたい350万円だったけど、今は500万円ぐらいは使ってます」と衝撃の回答。共演者から「1カ月でですよね!?」と驚く反応が飛び交うも、IKKOによれば、化粧品のプロデュースを行う上で、様々な商品の成分を吟味、研究することが必要になるのだという。

 そんな、美容家としての意識の高さがうかがえるIKKO。リップバーム(軟膏状のリップケアグッズ)を塗った唇を番組MCの明石家さんまにアピールし、「これも男の人が奪いたくなる唇になるんです」と見せつけたところ、さんまは「何が? 今塗ってんの? 奪いたくなる?」とキョトンとしていた。

「“美のカリスマ”としての名に恥じない、毎月の驚きの美容代を明かし、研究熱心な姿勢も見せたIKKOに対して、ネット上には『私には絶対出せない費用‥‥ただただ羨ましい』『美容研究家としての必要経費だから、その分きちんと稼げてるのなら全然いい』『IKKOさんのように、自分でいろいろ試して日々研究している人が作った化粧品を買いたい』など、好意的な反応が並んでいます。IKKO自身も美顔器や化粧品などをプロデュースする立場なため、もはや美容代というよりは研究費に近いのかもしれません」(テレビ誌ライター)

 美容に向き合う日々や、なるべくいい商品を届けたいというIKKOの熱い思いを知れば、さんまももう少し興味を示すのかもしれない。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング