キャラ変!?沢尻エリカ「優しいねと言われます」発言に明石家さんまが強烈反論

20170414_asajo_sawajiri

 女優・沢尻エリカが4月11日放送の『踊る!さんま御殿!!2時間スペシャル』(日テレ系)に、ドラマ『母になる』の番宣で初出演。あの「別に」発言でバッシングを浴びた『クローズド・ノート』の舞台挨拶から10年も経っているのに、「いまもちょっと優しくするだけで、『すごい優しいんだね』と言われます」と、世間に残る無愛想イメージに困惑していた。

 この日、沢尻は“最近ストレスに感じていること”というテーマに、「最近、パンツがだんだんと減ってきて」と告白、出演者が息をのんでいると「ベッドの裏の隙間に大量にパンツがあって、犯人は飼い犬のチワワでした」というほのぼのエピソードを披露。しかし番組を仕切る明石家さんまんまは、こうした沢尻の“キャラ変”を許さなかった。「そんなキャラ、違うで。イメージ的にはライオンかトラやないと」とダメ出し。

 また、「ドラマの現場で子役の男の子が股間めがけて、お尻とかすっごい触られて、『えっ、ちょっと、ちょっと』と思っても、子どもだから怒れないし」と沢尻がボヤいたときにも、「ちょっとやめてや。沢尻をイメージダウンさせるのは。お尻を触った子どもには膝蹴り、回し蹴り、カカト落としでボコボコにせにゃ」と不満をぶちまけたのだ。芸能記者が語る。

「キバを抜かれて普通の女優になるなという、さんま特有のエールでしょう。『母になる』で共演する小池栄子も『ハリウッドのレッドカーペットで“別に”って言ってほしい。そしたらカッコいい』と同調していました。もっとも、小池と沢尻は気が強い同士、ドラマの楽屋の入り時間でもめているという噂もありますが」

 そんなエールを受けてか、番組後半には、今も頻繁に書き込まれるSNSでの悪口対し、「全然何とも思わないです。『死ねばいいのに』とかあると、『お前が死ねよ』みたいな」と久々にエリカ節を炸裂させた沢尻。

「美人無愛想女優」の地位を10年後も保ってもらいたいものだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング