ジャニーズ残留の理由か?中居正広が震えた恐怖のストーカー被害

 今より20年ほど昔、携帯電話が普及する前のこと。SMAP時代の中居正広は、身の毛がよだつ恐怖体験をしている。テレビ番組制作会社の現場スタッフに話を聞いた。

「中居はジャニーズ合宿所を出て、マンションでひとり住まいをしていました。ある日、帰宅すると留守番電話のランプが点灯していた。再生すると、外国人女性が片言の日本語で、『もしもし、タツヤくん。早く出て』というメッセージを残していたそうなんです。そんな状況が1年も続いたとか。声を聞いても思い当たる人がいないのでずっと無視していたら、その言葉はだんだん過激になっていき、『タツヤくん、私、もう死ねばいいの?』となったんです。これだけでも、十分怖いんですが…」

 直接対決の日は、突然やってきた。たまたま在宅していたとき、電話が鳴った。受話器を手にした中居は、「ずっと長い間、タツヤくんとおっしゃってますけども、ここはタツヤくんのおうちじゃないですよ」と、声の主に告げた。背筋が凍りついたのは、それに対する回答である。先の現場スタッフは続ける。

「なんと、『知ってます。中居くんですよね?』だったんです。相手の女性は、いわゆる電話ストーカー。『こういう電話だったら出てくれると思って』という発言から、ファンと推測されました。1年にわたる嫌がらせ電話は、中居宅だとわかった上で続けられていたわけです。逆上させてはいけないと中居が丁寧に諭すように説得すると、『わかりました』と素直に聞き入れてくれたそうです」

 ところが、この実話にはオチがある。万事解決したはずの数日後、再び留守電が点滅していた。そこには「もしもし、タツヤくん。私、全然あなた離れない。私、タツヤくん好きだから…」というメッセージが残されていたのだ。

 ジャニーズにいればあらゆるものから守ってくれるが、独立すればその保障はなくなる。中居がジャニーズ残留を決めた背景には、この時の恐怖体験があったのかもしれない。

(北村ともこ)

Asa-Jo チョイス

  1. 107566

    レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

    イケメンのレーシングドライバーとデートしませんか?──編集部からライターの自分に唐突な依頼。戸惑いながらも、「ぜひっ!」と即決。とはいえ、アラフォーの私はレースのことは詳しくないし、しかも19歳って……。不安ながらもワク … 続きを読む レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング