ジャニーズ残留の理由か?中居正広が震えた恐怖のストーカー被害

 今より20年ほど昔、携帯電話が普及する前のこと。SMAP時代の中居正広は、身の毛がよだつ恐怖体験をしている。テレビ番組制作会社の現場スタッフに話を聞いた。

「中居はジャニーズ合宿所を出て、マンションでひとり住まいをしていました。ある日、帰宅すると留守番電話のランプが点灯していた。再生すると、外国人女性が片言の日本語で、『もしもし、タツヤくん。早く出て』というメッセージを残していたそうなんです。そんな状況が1年も続いたとか。声を聞いても思い当たる人がいないのでずっと無視していたら、その言葉はだんだん過激になっていき、『タツヤくん、私、もう死ねばいいの?』となったんです。これだけでも、十分怖いんですが…」

 直接対決の日は、突然やってきた。たまたま在宅していたとき、電話が鳴った。受話器を手にした中居は、「ずっと長い間、タツヤくんとおっしゃってますけども、ここはタツヤくんのおうちじゃないですよ」と、声の主に告げた。背筋が凍りついたのは、それに対する回答である。先の現場スタッフは続ける。

「なんと、『知ってます。中居くんですよね?』だったんです。相手の女性は、いわゆる電話ストーカー。『こういう電話だったら出てくれると思って』という発言から、ファンと推測されました。1年にわたる嫌がらせ電話は、中居宅だとわかった上で続けられていたわけです。逆上させてはいけないと中居が丁寧に諭すように説得すると、『わかりました』と素直に聞き入れてくれたそうです」

 ところが、この実話にはオチがある。万事解決したはずの数日後、再び留守電が点滅していた。そこには「もしもし、タツヤくん。私、全然あなた離れない。私、タツヤくん好きだから…」というメッセージが残されていたのだ。

 ジャニーズにいればあらゆるものから守ってくれるが、独立すればその保障はなくなる。中居がジャニーズ残留を決めた背景には、この時の恐怖体験があったのかもしれない。

(北村ともこ)

Asa-Jo チョイス

  1. 187417

    イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

    仕事で疲れて帰宅した夜や退屈な休日、ちょっと息抜きや気分転換をしたいときってありますよね?そんな時間にイケメンたちから癒しや元気をもらえる無料アプリがあるんです!そのアプリとは……ズバリ、ライブ配信アプリ「ふわっち」。幅 … 続きを読む イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

  2. 196783

    新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

    「よし、今日からこれを習慣化させたい!」と思っても、それを実行に移すのは容易ではありません。これまでやってこなかったことを取り組むようにするには、高い意識が必要です。とはいえ、いつも高い意識でいるのは難しいですよね。そこ … 続きを読む 新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

  3. 192828

    家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

    そろそろ本格的な秋冬シーズンがやってきます。気温が下がって空気も乾燥することから、風邪をひきやすい時期でもありますね。みなさんは、自分や家族の風邪予防のために日々どんな準備をしていますか?あまり知られていないかもしれませ … 続きを読む 家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

注目キーワード

ランキング