擁護する芸能人仲間までクズ扱い!主婦層のベッキーたこ殴りがもう止まらない

20160115becky

「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音とのスキャンダル発覚で、タレントとして完全に窮地に立たされているベッキー。出演しているCMの放映打ち切りが発表されるなど、待ったなしの状態が続いている。

「現在、ベッキーが出演しているCMは10社。そのうち1本の打ち切りが決定しており、さらに2社が今回の騒動と関係なく、1月中で放映を終了する予定です。『ローソン』もCM放映の打ち切りを検討中と回答しています。これまで大きなスキャンダルがなくCMで使いやすいというのがベッキーの売りだっただけに、今回のイメージダウンは体を切り刻まれるほど痛いはず。これからさらに、契約打ち切りを表明してくる企業は増えるでしょう」(週刊誌記者)

 一部の同情論などかき消されるかのように、ネットでも大バッシングの嵐は吹き荒れたままだ。

「ベッキーはいい子だとか擁護する芸能人も同類のクズ。これとそれとは違う」「企業もシビアだけど、CMで見た瞬間に“ゲスの極み”と思っちゃうもんね」「主婦層はすべて敵に回したと思う。ファミリーものとか保険のCMとか本気でナシだよ」など、既婚女性からの声は本当に容赦ない。

「ベッキーはこれまでスキャンダルを起こしたタレントの中でもダントツでCM出演数が多い。契約中にスキャンダルを引き起こしたら違約金が発生することになりますが、それを支払うだけでも何億円が吹っ飛ぶのか。かつてサンミュージックに所属していた酒井法子の際は5億円の違約金が動いたと言われていますが、ベッキーはCM10本、テレビやラジオのレギュラー、すべての違約金を合わせたら数十億のとんでもない額になるのでは? サンミュージック存続が危ぶまれる最悪の事態になってきてしまいました」(前出・週刊誌記者) 

 まるでジェットコースターのような転落劇に、一番驚いているのはベッキー本人だろう。

(臼田鞠子)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング