女性のみなさん、それ実は「デートDV」です!

20160228datedv

 今年2月、大阪府の高校生グループが「デートDV」について府内の約1000人の中高生に調査を実施。その結果、なんと男子生徒の3割以上が女性から「暴言や暴力を受けて傷ついた」経験があると回答したと言います。同様に答えた女子生徒のほうは12%で、男子のほうが圧倒的に多いという結果に。

 では、その暴力の実態とはどんなものなのか。男子生徒の回答は、多い順に次のようになっていました。

1位:暴言

2位:暴力

3位:LINEのチェック

4位:性的強要

5位:お金要求

 暴言や暴力はともかくとして、「LINEのチェック」もデートDVにカウントされるということ。女性はついついやってしまいがちなカレの携帯チェックですが、気を付けたいですね。

 巷の男性たちにも話を聞いてみると、彼女からの行為がDVだと感じる瞬間として、次のような内容を挙げてくれました。

「稼ぎがあまり多くないということで、『それじゃ結婚できないじゃん』と何度も言われた」(27歳・会社員)

「デートのたびにホテル行きたいと誘われるんだけど、疲れていて翌日の仕事が心配になるときもあるし、お金を出すのはいつも自分なので‥‥」(31歳・会社員)

「1日連絡がとれなかっただけで、誰と会っていたのか問い詰められ、LINEやFacebookメッセンジャーを開いて見せろと強要された」(25歳・大学院生)

「ホテルでのイチャイチャ風景を写真に撮りたがる。友達同士で見せ合うのだろうけど、SNSに掲載されたらと思うと気が気じゃない」(33歳・会社員)

 これくらいなら大丈夫だろうと思っていても、男性にとっては不快だったり不安な気持ちになったりする行為は意外と多いんです。

 また、好きな彼女のため、とガマンしてしまっている男性も少なくありません。知らず知らずのうちにデートDVの加害者になっていないか、我が身を振り返って考えてみましょうね。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング