「ボクに危害が…」Hey!Say!JUMP山田涼介、ジャニーズに猛抗議した「父の姿に感銘」の過去

 6月2日発売の漫画雑誌「ちゃお」の巻頭グラビアに、Hey! Say! JUMP 山田涼介が登場した。同誌のインタビューにて山田は、ジャニーズに入所した当時を回顧したという。

「山田は今回、『ちゃお』読者と同じ年代である12歳時の思い出を振り返りました。山田によると、ジャニーズに入る前はサッカー少年だったそうですが、家族がジャニーズに履歴書を送ったことで、12歳の時に事務所へ入所したとのこと。そして、『芸能界に入ったからには目の前のことを頑張るしかなかったかな。だって、もう始まっちゃってるじゃん?』と語り、『デビューすることを夢見て、いろんなことを努力していたと思う』と、当時描いていた夢についても明かしました」(芸能記者)

 そんな山田は2007年、14歳の時にHey!Say!JUMPメンバーとしてメジャーデビュー。そして昨年11月にグループ15周年を迎えるなど、順調に芸能生活を送ってきたように思える。しかし、過去にはジャニーズ事務所と間でトラブルになったこともあるという。

「今年3月に放送されたバラエティ番組『この歌詞が刺さった!グッとフレーズ』(TBS系)に山田がゲスト出演した時のことです。番組内で『自身にとってのヒーロー像』というテーマになった際、山田は『ボクのヒーローは親父ですかね』と、父親への思いを告白しました。山田によると『ある時、ボクにすごく危害が加わるような事がありまして…』と、詳細は明かさなかったものの、とても気が滅入る出来事があったそうです。当時、それを知った山田の父親は、すぐにジャニーズ事務所へ電話をかけ、ものすごい剣幕で抗議してくれたのだとか。山田は、そんな父親を見て『オレ、クビにならない?』と思った一方で、自分を必死に守ってくれる姿に『こういう親父にいつかなりたい』と尊敬の念を抱いたのだとか。これにはジャニーズファンから『山田くんのお父さん素敵すぎる』『しっかり守ってくれたんだね』と感動する声があがりました」(前出・芸能記者)

 山田が誰にどのような危害を加えられたかは不明だが、長い芸能生活の裏では、家族の支えもあったようだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング