真木よう子事務所に「16歳下事実婚相手が移籍」のニュースに相次ぐ“お節介コメント”

 女優・真木よう子(41)との交際を報じられた俳優・府川眞(25)が5月28日更新のインスタグラムにて、芸名の変更と、真木が設立した芸能事務所へ移籍することを発表した。

 府川は「皆様へ。いつも応援していただきありがとうございます。この度府川眞(フカワシン)→葛飾心(カツシカシン)へ正式に芸名を変えました」とし、「『そよかぜ』という事務所でこれから精進していきます」と新たな所属先にも触れた。

 この「そよかぜ」は、真木が前所属事務所を退所した後に立ち上げた「株式会社そよかぜ」のこと。22年7月に芸能事務所「そよかぜ」の公式サイトを開設した際、真木は「もうこれ以上、日本芸能に携わる方の自死を耳にしたくない。そのような思いから、あらゆるネガティブな事から人として支え、守る。本来の事務所の在り方を弊社は徹底して参りたく存じます」との決意を表明していた。

 芸能記者が言う。

「同事務所には真木のほか、2人の女優と1人の俳優が所属しており、今回そこに府川改め葛飾が加わることになりました。真木と葛飾は3月に複数メディアが交際を報じており、昨年8月には真木自身もインスタグラムで『私にはパートナーシップの相手がいます。事実婚というものですかね』と恋人の存在を告白していました。どうやらそれが葛飾だったようですが、この決断に業界では『もし別れたらどうするの?』と心配する声もあがっていますね。また、真木はプラス・マイナスの岩橋良昌による『エアガン暴露騒動』など、ここ数カ月は荒れ模様だったことから、『“そよかぜ”じゃなくて“なみかぜ”の間違いでは?』『台風の方が似合う』『真木よう子さんのイメージと事務所の名前が全くマッチしてない』『彼氏の芸名よりも事務所名を変えるのが先』などのツッコミがネット上で相次いでいます」

 真木と葛飾の間にすきま風が吹かないことを祈りたい。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング