坂口健太郎「写真集お渡し会」に塩顔ファン殺到の異例事態

 俳優・坂口健太郎のファースト写真集「25.6」が発売され、3月17日に都内で発売記念イベントが行われた。

「この写真集は、坂口本人の発案で、25歳の春から26歳の冬まで4つの季節をほぼ一年かけて撮り下ろし。写真集のタイトルもそれに由来しています。『サイン本お渡し会』には1000人のファンが詰めかけ、参加者からは〈本当に人生で一番幸せな幸せな1日になりました〉〈笑顔が眩しすぎた…後光がさしていた〉〈絶対疲れていたはずなのに、神対応幸せ〉といったコメントがネット上に溢れました」(女性誌記者)

 撮り下ろしをしたメンズファッション誌「メンズノンノ」の公式サイトによれば、坂口はイベントのために2000冊もの写真集に、6時間かけてサインを入れたという。この写真集には、5月に行われる坂口のトークイベントの応募券もついており、こちらも応募が殺到するとみられている。

「発売イベントでは、抽選に外れた人も多くいるのでTwitter上では〈坂口健太郎お渡し会落選メールでした…会いたかった…〉といった嘆きのコメントだけでなく、諦めきれずに〈サイン本お渡し会落選しました。重複などで譲ってくれる方いらっしゃいませんか?〉と懇願するコメントも数多く上がる異例の事態となりました。この様子では5月に行われるトークショーでも大騒ぎになりそうですね」(前出・女性誌記者)

 4月から始まる連ドラ「シグナル 長期未解決事件捜査班」(フジテレビ系)で初主演に抜擢された坂口。昨年はアカデミー賞「新人俳優賞」を獲得したが、来年はいよいよ、主演男優賞候補に名乗りを上げそうだ。

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング