「4WD不貞」の原田龍二がテリー伊藤を相手に語っていた“不貞体験”

 5月30日発売の「週刊文春」で“4WD不貞”を報じられた原田龍二。時代劇専門チャンネルで共演している松村邦洋によると、5月29日朝の段階で原田から長文メールで「申し訳ございません」と謝罪文が送られて来ていたとのこと。さらに松村が「奥さんの方は大丈夫ですか?」と尋ねると「玄関で奥さんがバットを持ってる感じで『原田、アウト!』と…」と返事が来たという。もちろんこれは、原田が“丸腰刑事”としてアキラ100%とともに「マッパお盆芸」を披露し、一躍脚光を浴びた番組がモチーフとなっている。

 さらに原田は5月31日、MCを務める生放送番組「5時に夢中!」(TOKYO MX)に出演。冒頭に「申し訳ございません」を繰り返すとスタジオは笑いに包まれ、共演者のミッツ・マングローブから「自分だけは大丈夫(バレない)と思いました?」と聞かれると、やはり「申し訳ございません」と繰り返すのだった。

「そんな原田が昨年11月、『週刊アサヒ芸能』で演出家のテリー伊藤と対談していたんです。硬派なエピソードを語っていた原田ですが、テリーに『浮気なんてのは‥‥』と聞かれた際には『あー、します、します。全然経験ありますよ』と答えていたんです。さらに『昔の話ですし、「不貞相手を作った」みたいな、そういう話でもないんですけどね。信頼のおける、危険じゃない女性と1回きりみたいな感じです』『もちろん、性欲はありますけど、あんまり女性に執着がないのかもしれないです』と。想いを寄せているわけではない女性を相手に性欲を満たそうとした結果、ホテルを利用することもなく車の中で手早くコトを済ませ、相手をサッサと送り返すようなゲスな行為になるのだと、妙に納得してしまいました」(芸能ライター)

 この一件に対して笑いで応じた妻の才覚と懐の深さを、原田は胸に刻まねばなるまい。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング