2015/09/11 09:59

夏のダメージは秋にリカバー!コラーゲン生成でカラダの中からモチぷる肌に

20150911collagen

 お肌のハリを保つ成分として知られるコラーゲン。皮膚の真皮層の70%はコラーゲンで構成されていますが、体内のコラーゲンは20代から早くも減少し、加齢や食生活、ストレスによって、その質も低下してしまいます。

 さらに、夏の紫外線もコラーゲンを破壊する大敵。シワの要因になるばかりか、肌の代謝が低下していると、シミ・ソバカスがぽつぽつ残ったりしますよね。

 そのまま乾燥した冬を迎えると肌の老化が一気に進むため、秋のスキンケアは“カラダの内側”からの努力も大切です。

 では、失われたコラーゲンは、どうすれば補えるのでしょうか。

 日本人女性がふだんの食事から摂っているコラーゲンは約2gが平均ですが、肌への効果を期待するには、1日5g~10gが目安とされています。

 もっとも、食品やサプリで摂ったコラーゲンは、肌に直接はたらくわけではなく、一度、カラダの中でアミノ酸に分解されてから再合成されます。それが肌で作られるのか、関節や髪の毛で作られるのか、はっきりわかっているわけではありません。

 ただ、真皮層でコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった3大美肌成分を作ってくれる細胞は、実はたった1つ。「線維芽細胞(せんいがさいぼう)」と呼ばれるものです。

 つまりこの細胞を活性化させることが、コラーゲンを肌に作用させる重要ポイント。繊維芽細胞を活性化させるには、次の成分がカギとなります。

1.ビタミンC

言わずと知れた美肌の万能成分。コラーゲンの合成に不可欠で、コラーゲン繊維を正しい形に整えてくれます。

2.トリプトファン

卵や魚、大豆、ナッツなど、良質なたんぱく質に含まれます。体内で作られない必須アミノ酸のひとつで、コラーゲン合成に必要です。

3.パフィア

南米原産のハーブで、体内でのコラーゲン生成を助けます。コラーゲンにパフィアエキスが含まれた美容ドリンクも販売されています。

4.オレウロペイン

オリーブの葉に含まれる美白成分で、オリーブ葉茶から摂ることができます。コラーゲン生成を助け、コラーゲンの質をしなやかにするほか、抗酸化や鎮痛作用など、女性にうれしい作用がいっぱい。

 逆に、糖分の摂り過ぎは、体内のコラーゲンを糖化させ、繊維芽細胞のはたらきを弱めてしまうので要注意。コラーゲンでプル肌効果を得るには、体内で生成するためのプラスαを試してみましょう。

Asa-Jo チョイス

  1. 39722

    高カロリーな食事も消化分解できれば怖くない!酵素が鍵!

    30代の女性といえば、心身が成熟してきて、まさに女盛りの頃。とはいえ、仕事での責任も増し、プライベートでは結婚・出産・育児と、人生が大きく変化する頃でもありますよね。それだけに、ストレスやホルモンの乱れなどから身体への影 … 続きを読む 高カロリーな食事も消化分解できれば怖くない!酵素が鍵!

  2. 37541

    新事実!育毛剤ってダサい?いえ将来ハゲないためにケアしてる男性はかっこいい!

    某テレビ番組でビジネスマンのまつ毛エクステが話題になっていました。スキンケアやアンチエイジング、さらにはメーキャップまで、メンズエステ隆盛のいま、男性の美容への関心はこれまでになく高まっているといえるでしょう。とくに、カ … 続きを読む 新事実!育毛剤ってダサい?いえ将来ハゲないためにケアしてる男性はかっこいい!

  3. 39539

    ママが抱えるお肌の悩み、「シミ」は美白と保湿のWで対策!

    例えば、こんなことってありませんか?大学卒業後に病院の医療事務として勤務。ファッション、美容、友人との遊び、それなりに女のシングルライフを楽しみ、28歳で結婚。29歳で長男を出産。現在は夫と10ヶ月の長男と一軒家で暮らし … 続きを読む ママが抱えるお肌の悩み、「シミ」は美白と保湿のWで対策!

注目キーワード

ランキング