2016/2/21 9:59 AM

東国原英夫が発言した「文春のハニートラップ」は本当か?

20160221higashi

 2月5日、宮崎謙介元衆院議員の不貞騒動をスクープした「週刊文春」に対して、その取材方法について東国原英夫が「文春は契約記者がハニートラップをしかけてくる」と発言。後の16日には「週刊文春」の女性記者からこの発言に対して質問状が届いたことをツイッターで明らかにした。

「過去に東国原は、『週刊文春』で知事時代に20人以上の女性と関係を持ったと報じられ、名誉を傷つけられたとして裁判になっています。この時は名誉毀損が認定されました。かつての天敵ゆえ、言いたいこともあったのでしょう。女性記者には『彼女を特定化する発言はしていない』と回答したと書いています」(芸能ライター)

 しかしこの時の裁判。東国原の主張がすべて通ったわけではないという。

「東国原の人物を語るうえでのエピソードとして、東国原に声をかけられた文春の女性記者の体験談が書かれていました。これを指して『ハニートラップ』と言っているのだとすれば、この件については女性記者がみずから裁判に出廷して証言。女性の証言が事実と認められているのです」(週刊誌記者)

 今回、東国原は何を根拠に「文春のハニートラップ」作戦を暴露したのだろうか。また、百歩譲ってハニートラップがあったとして「引っかかるヤツがアホ」の理論は成り立たないのだろうか。

Asa-Jo チョイス

  1. 11241

    ただの保湿じゃNO!「○○型セラミド」だからこそ出来る乾燥肌対策とは

    30代から気になりだすのが目や口元の小じわ。肌にも潤いがなくなってくれば化粧のりも悪くなり、見た目年齢も急上昇していきます。こうした肌の老化のはじまりには「とにかく保湿!」とばかりに、化粧水や保湿パック、美容液、クリーム … 続きを読む ただの保湿じゃNO!「○○型セラミド」だからこそ出来る乾燥肌対策とは

  2. 8178

    もう月会費は払わない!婚活本気女子が選んだ結婚相談サービスの大本命は?

    独身、無職、貯金ナシ。貢ぎグセあり‥‥そんなどこかで観たドラマの主人公のような“ダメ女”でもないはずなのに、婚期を逃し続けてまもなく30歳‥‥。仕事も恋愛も積極的にしてきたはずなのに、なぜか結婚だけは縁がなかったっていう … 続きを読む もう月会費は払わない!婚活本気女子が選んだ結婚相談サービスの大本命は?

  3. 12944

    第一印象は肌が9割?紫外線を防御して美肌機能もすごいクリームはコレ!

    ■オシャレより大事なのは…?美容意識の高い女性たちを対象にしたある調査によれば、初対面の人と会った際に、「第一印象で素敵だなと思う人はどこがキレイか」と質問したところ、なんと9割の人が「肌」と回答したそうです。次いで多か … 続きを読む 第一印象は肌が9割?紫外線を防御して美肌機能もすごいクリームはコレ!

注目キーワード

ランキング