イケメン大食いYouTuberしのけん、太らない理由は「食事の頻度」にあった!

 近年、人気を博しているフードファイター系YouTuber。中でも“イケメン”の呼び名が高いのが、しのけんだ。

 しのけんは、自称“インテリフードファイター”で、スーツをビシッと決めて大食いにチャレンジする姿が特徴。みずからが“天の声”となり実況するスタイルもトークが絶妙と人気だ。子供の頃から大食いらしく、本人によると「僕がいるクラスは給食のお残しが少ないと評判でした」とのことだ。

 7月14日の動画では『【大食い】賞金1万円 揚げ物爆盛りチーズの桶カレー6kgに制限時間60分で挑んだ結果』というタイトルで、巨大な寿司桶に並々と注がれたカレーライスの上にエビフライやトンカツなどの揚げ物が要塞のように積み上げられたメニューを制限時間2分余り残して見事完食。また10月10日には回転わんこそば制限時間40分に挑戦。350杯の最高記録を叩き出した。この大食いの特技を活かして、過去には「大食い王決定戦2020」(テレビ東京系)にも本名の「篠原健太」で出演している。

「スタイリッシュなスーツと整った顔立ちで大食いに奮闘する姿が女子ウケしているしのけんですが、実は以前は今よりも少しふっくら。それが近年になってスリムになっています。SNSでは『やせちゃったけど超イケメン!』『なんか知らん間にイケメンになってる』などのコメントが寄せられています」(女性誌記者)

 確かに初期の動画を見ると今よりも少しふっくら。こんなに大食いする動画をアップしているのに、何か特別なダイエット法でもあるのだろうか。これについてしのけんは、昨年7月10日にアップした動画でこう語っている。

「この日サブチャンネルで『【しのけん】僕が大食しても太らないのは○○だからです』のタイトルで動画を更新。『食べる回数が少ないですからですね、平日とか全然食べないんで』『食べようと思っても、まとまった時間が取れない』『1日1食とかで食べていく』と語っています」(芸能ライター)

 動画を見ると一度に3日分に匹敵するほどの量を胃に収めているしのけん。やはり大食いYouTuberは、体の構造が常人離れしているのかもしれない。

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング