2017/03/05 06:00

浅田真央「夢」と「引退」で揺れ続けた“女王の苦悩”(3)姉・舞に「一緒に戦って」

2017_asajo_p_b3rd

 姉・舞とは不仲が伝えられた時期もあったが、母の闘病生活を経て和解し、姉が母に代わり支えてきた。

「例えば休養問題。15歳から世界で戦い続け、体も心も金属疲労のような状態がずっと続いてきた真央ちゃんに、舞は休息を勧めていました。小さな頃から負けず嫌いで、とにかく跳びまくってうまくなり、いくつになっても努力を欠かさないタイプなことを知っているだけに、妹の体を気遣っていましたね」(スポーツライター)

 他の競技では北島康介や谷亮子らが五輪までの4年間を上手に使うなか、浅田がリンクを離れることは、14-15シーズンまでなかった。

「大きな理由の1つが連盟の体質です。明らかに真央ちゃんの成長とともに資金を潤沢に増やしてきた。07年度に約3億5000万円だったものが、5年後には約13億5500万円でしたからね。大人の事情を無視し、キム・ヨナのように10年バンクーバー五輪後に休んでいればと言われました」(スポーツ紙デスク)

 14年の世界選手権後、妹から「やめたい」と告げられた姉は、2人にとっての思い出の地を旅しながらリフレッシュさせた。しっかりと1年間充電し、16年4月の世界選手権の舞台に戻ってきた。

「舞ちゃんも初めて真央ちゃんの出場する世界選手権を観に行っています。『復帰してなかったら後悔していたと思います』という妹の言葉にうるうるしていましたね。胸元には2人のイニシャル『M』をデザインしたおそろいのペンダント。真央ちゃんがロシアのコーチからソチ五輪の前後にお守りとして2つもらい、舞ちゃんに『一緒に戦って』と言って渡したそうです」(民放記者)

 今や「エース」の称号は宮原知子に移り、本郷理華、本田真凜、樋口新葉といった新世代が台頭。世界でも10代の新星が続々と登場している。

「復帰しないほうがよかったのかなと思っているときもありました。自分たちの時代は終わったのかなというふうにも思った」

 と引退を示唆したこともある浅田。16年12月22日~25日の全日本選手権の結果しだいでは「電撃発表」があってもおかしくない状況だ。

 引退か、それともボロボロになるまで「やり残した夢」を追いかけるのか──。どんな決断になろうと、ファンは心から拍手を送ってくれるはずだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 24889

    女性が思う「理想の顔」に近づくために 気遣うべきはあのパーツ?

    女性が考える“理想の顔”って、いったいどんな顔だと思いますか。「可愛い系/キレイ系」「華やか/シンプル」「イマドキ/コンサバ」など、理想の顔を決める要素は数多くありますが、年齢の違いはもちろん、好みや感じ方は人それぞれ。 … 続きを読む 女性が思う「理想の顔」に近づくために 気遣うべきはあのパーツ?

  2. 26223

    鼻毛よりもドン引きされるのは「女性のヒゲ」?春こそ脱毛サロンでムダ毛処理すべきコレだけの理由

    薄着の季節がはじまると気になってくるのが「ムダ毛の処理」。ファッションやメイクはバッチリ気合を入れてキメたのに、「ワキ毛の処理をすっかり忘れてた!」なんていうのはよくある話。なかには「街なかで偶然会った友人と立ち話してい … 続きを読む 鼻毛よりもドン引きされるのは「女性のヒゲ」?春こそ脱毛サロンでムダ毛処理すべきコレだけの理由

  3. 23112

    結婚相手に必要なものとは?婚活女子は要注意「ハイスペック彼氏」の落とし穴!

    誰にでも理想の結婚相手の条件はあるもの。ただ、理想を追い求めすぎる婚活女子に注意してもらいたいのが「ハイスペック彼氏」。高学歴、高収入、おまけに身長も高くて‥‥なんていう、深田恭子とマツコも羨ましがりそうな好条件がズラリ … 続きを読む 結婚相手に必要なものとは?婚活女子は要注意「ハイスペック彼氏」の落とし穴!

注目キーワード

ランキング