2016/03/08 17:59

「愛犬死亡ブログ」で批判された釈由美子が学ぶべき「やはり」の正しい使い方

20160308shakub

 第1子を妊娠中のタレント釈由美子がネット上でバッシングされている。

 3月1日に自身のブログで「一番耐えられないことが起きまして筆舌に尽くしがたい悲しみにずっと襲われています」「最近幸せすぎて有頂天になってたのかな 罰を与えられたかのように 天国から地獄に突き落とされたみたい」などの思わせぶりな言葉のみを羅列。そのため「夫が不貞?」「身内が事故?」と憶測が飛び交い、Yahoo!のトップニュースにもなった。

 ところが、翌日には「昨日のブログで、やはり、たくさんの方々にご心配をおかけしてしまい、申し訳ございません。私が中途半端に意味深な言葉を並べてしまったせいで、やはりネットのニュースに取り上げられてしまったようで、各媒体から事務所にまで問い合わせの連絡も多数入ったそうです」と謝罪。悲嘆の理由は愛犬が亡くなったからと明かした。

 これら一連のことから、「ブログの閲覧数を稼いで儲けたかっただけ?」「釈はやはりイヤな女」「かまってちゃんすぎる」と非難されているのだ。

「愛犬が亡くなったと最初から具体的に書けばよかったんです。それを翌日になって、謝罪しても火に油を注ぐようなもの。とりわけ、多用した『やはり』は予想通りの現状を表す副詞です。釈さんは心配されることもニュースになることも『予想通り』と言っているのも同じです」(ウェブコンサルタント)

 ブログを書く際の言葉選びには“やはり”細心の注意を払わなければいけないようだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 19356

    1年経っても婚活が終わらない理由はコレだった!結婚相談所スタッフが見た「結婚できない女性」の特徴

    「結婚はそのうち」な~んて余裕をカマしていた20代。仕事も楽しく順調だったこともあり、いまやすっかり職場でも責任のある仕事を任されるキャリアウーマンにはなったものの、気がつけばアレから出会いもなく30代、40代に‥‥。ド … 続きを読む 1年経っても婚活が終わらない理由はコレだった!結婚相談所スタッフが見た「結婚できない女性」の特徴

  2. 17789

    食事制限ストレスもさよなら、芸能人も愛用する“食べ過ぎ翌日”を助ける理想的ダイエット飲料があった!!

    9月1日、アメリカのフォーブス誌が毎年恒例の「世界で最も稼いだモデル」を発表。この企画の常連で、日本でも雑誌やCMでお馴染みのミランダ・カーさんが、今年も10位にランクインしたそうです。親日家としても知られており、来日す … 続きを読む 食事制限ストレスもさよなら、芸能人も愛用する“食べ過ぎ翌日”を助ける理想的ダイエット飲料があった!!

  3. 19870

    10%オフ、送料無料……、お歳暮をお得に用意するには?

    今年もそろそろお歳暮のシーズンがやってきます。最近では若者層を中心にお歳暮を贈る習慣も薄れつつありますが、きちんとお歳暮を贈ってくる後輩や仕事先には、やっぱり好感が持てるもの。自分の評価につなげるためにも、コミュニケーシ … 続きを読む 10%オフ、送料無料……、お歳暮をお得に用意するには?

注目キーワード

ランキング