江口のりこ、「赤楚衛二にはできて町田啓太にはできないこと」を明かし共感の声

 ある意味、テレビドラマ史にしっかりと名前を残した江口のりこ主演「SUPER RICH」(フジテレビ系)。初回放送時から「出ている役者さんたちがかわいそう」「演技の上手い人ばかりが出演しているから、このメンツで別の作品を見てみたい」と言われ続けてきたが、終わってみるとネット上では「主演者たちがみんな仲よくなれたみたいで本当によかった」「演者同士が仲よしになれたみたいだから、それだけが救い」といった声に変わっている。

「最終回放送日の朝、『めざましテレビ』(フジテレビ系)に主演の江口、赤楚衛二、町田啓太が番宣でVTR出演したんです。その中で3人はとても仲睦まじく、約4カ月間に及ぶ撮影期間は『楽しいことしかなかった』と笑顔でした。江口は番宣で愛想笑いをするタイプではないので、ツイッター上では放送中から『のりこが撮影中は楽しかったと笑ってるぞ!』『江口のりこは嘘をつけないタイプだから、撮影中は本当に楽しかったのかも』といった驚きの声が。

 さらに、江口は『最初の頃は「赤楚君」、それから「あかそっち」になって、今では「赤楚」』と、赤楚のことを今では呼び捨てにしていると報告。赤楚も10月14日放送の同番組に生出演した時に、このドラマの撮影中に江口のことを『のりちゃん』と呼べるようになりたいと言っていたのですが、なんときちんと『のりちゃん』と呼んでいることも判明。さらに江口が『赤楚君は「赤楚」って呼べるんだけど、町田君は10歳年下だけど「町田」って呼び捨てにできない。なんでか』と首をひねったのです。この江口のつぶやきに『すごくわかる!』『赤楚は弟感が出てるけど、町田君は年下でも弟感がないどころか兄感があるからね』『赤楚君には隙があるけど町田君には隙がない感じだからなぁ』など、同意の声が続出しています」(女性誌記者)

 江口、赤楚、町田の3人には、心からお疲れさまでしたと労いたい。

Asa-Jo チョイス

  1. 125211

    実はワタシ、ドロドロの世界を垣間見たい欲望に満ち溢れているの

    「偽善ヅラのマウント女に仕掛ける壮絶な復讐」、「ウソをバラまき新居を乗っ取ろうとする執拗な姑」、「親の借金、妹の賠償、金に翻弄される不幸女のドロ沼」……etcこんな文言に見覚えがある方もいらっしゃるのではないでしょうか? … 続きを読む 実はワタシ、ドロドロの世界を垣間見たい欲望に満ち溢れているの

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 107566

    レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

    イケメンのレーシングドライバーとデートしませんか?──編集部からライターの自分に唐突な依頼。戸惑いながらも、「ぜひっ!」と即決。とはいえ、アラフォーの私はレースのことは詳しくないし、しかも19歳って……。不安ながらもワク … 続きを読む レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

注目キーワード

ランキング