堀田真由、「大奥」第4話で見せた“女将軍”ぶりが絶賛!「鳥肌がブワァッて…」

 若い男子のみが感染する伝染病により、男女が逆転した江戸時代を描いたドラマ「大奥」(NHK)の第4話「三代将軍家光・万里小路有功編」が1月31日に放送され、平均世帯視聴率は4.8%だった。物語はこんなふうに展開する。

──心を通わせ始めた家光(堀田真由)と有功(福士蒼汰)だったが、子宝に恵まれなかった。春日局(斉藤由貴)は有功に“御褥御免(おしとねごめん)”を命じ、新しい家光の相手・捨蔵(濱尾ノリタカ)を大奥に呼び寄せる。その1年後、家光は千代姫を出産し、母となった。

 地方の家臣はすでに、男装した女たちであり、その現実を目の当たりにした家光は、女の家督を許可すると言い放つ。女姿の家光は御簾を上げさせて「今日より、私は父・家光公の男名を名乗ることとする」と宣言。自らも家督を継ぐことを明らかにし「誰かわしが女将軍になることに異存はあるかえ!」と声を上げるのだった‥‥。

「この、堀田がスゴむシーンにネット上では『すごい、鳥肌ぶわあってなった』『かっこよすぎ』『堀田真由痺れたっ!』など、反響が凄かったですね。姫君として生まれながら、幼くして髪を切られて若君となり、将軍でありながらお小姓として生きる。そして男の種を受胎して育て産むことだけを望まれるといった、傷ついた少女が、恋を知り、母になり強くなった女将軍・家光という難役をみごとに演じ切りました。堀田の代表作になるのではないかとの声も上がっています」(テレビ誌ライター)

 次回は「徳川家光×万里小路有功編」から「徳川綱吉×右衛門佐編」が放送。仲里依紗の綱吉と山本耕史の右衛門佐も楽しみだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング