2017/11/04 10:14

ドンマイ真凜!「シニアほろ苦デビュー」は羽生結弦も通った道だった

 フィギュアスケートのGPシリーズ・カナダ大会で、不本意なシリーズ5位発進となった本田真凜選手。本人も、シニアで成績を残すことは容易ではないことを痛感したようだ。

「10月7日のジャパンオープンで女王・メドベージェワ選手と同じ土俵で滑ったときは、かなり緊張したようです。自己最高の得点を出すも6人中5位。メドベージェワのジャンプを見て、自分とのあまりのレベルの違いに『まだまだだと思った』とインタビューで語っています。それでもカナダ大会では、SPこそ10位だったものの、FSではSPで評価の低かったスピンもジャンプも決めて5位まで挽回したのですから大したものです」(スポーツライター)

 とはいえ、浜田美栄コーチが「練習不足」を指摘したこともあり、世間の風当たりは強い。

「世界トップ選手とのレベルの違いに、シーズンに入ってから気づくようでは遅すぎます。いい意味でも悪い意味でも注目され、マスコミからちやほやされ、勘違いしてしまっていたところもあるんじゃないでしょうか」(女性誌記者)

 練習嫌いでも、FS単独3位を取れる実力はある。浜田コーチの言う「シニアで戦うことへの心構えを持って、そのための練習をちゃんとすること」「人間なんだからミスがある。そのリカバーの練習をたくさん積むこと」が実行できれば、実戦に強い滑りができるようになるはずだ。

 落胆することはない。あの羽生結弦選手でさえも、大きな期待を受けて臨んだシニアデビューの年は、GPシリーズのロシア大会で7位、NHK杯で4位といまひとつの成績だった。本田選手のこれからは、今後の精進にかかっている。せっかくの才能。羽生選手のように開花させてほしいものだ。

(芝公子)

関連記事:“ポスト安藤美姫”へまっしぐら?本田真凜のイメージが急転! http://asajo.jp/excerpt/40191

Asa-Jo チョイス

  1. 81247

    主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    ガールズケイリンをご存知ですか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。女子選手たちの経歴はさまざまで、他のスポーツからの転身組はもちろん、教員、美容師、看護師からモデル、お笑い芸人まで、中には主 … 続きを読む 主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング