ダレノガレ明美、上沼恵美子も呆れた留学先の「頻尿対策」

 モデルのダレノガレ明美が10月7日放送の「上沼・高田のクギズケ!」(読売テレビ/中京テレビ)に出演し、来年に予定しているハリウッド進出を目的としたニューヨーク留学について説明するも、司会の上沼恵美子からは「向いてない」と一蹴されている。

 映画「オーシャンズ8」を鑑賞中にハリウッド女優を目指すことを決意したというダレノガレは、「カモン・ハリウッドって言われた」「映画を観てて、トイレ行きたくなっちゃって、トイレに行ったら(カモンと)聞こえたんです」などと留学決断の経緯を説明するも、上沼からは「大丈夫?」とのツッコミを頂戴し、現時点で一般的な挨拶程度の英語力しか身につけられていない語学の進展状況に関しても、「それは向いてないわ」などと呆れた表情で一蹴されてしまった。

 続けて、「とりあえず2週間だけ行ってみて、私がアメリカに合うかどうかを見てくる」とし、異国での生活に馴染めるかどうかの判断要素としては、「私、めちゃくちゃトイレが近いんです。だからトイレをちゃんと貸してくれる町かどうか(も重要な要素)」と話している。

「もはや完全にネタと化している印象すらありますが、一貫して本人は“本気”というスタンスを崩しません。しかし、ネット上でもほぼ呆れ気味といった反応が多く、『トイレの近い人が舞台を目指してはいけない』『何を考えているか分からん人間が、よくテレビに出演するようになってきた』『まず地図を見て、ニューヨークとハリウッドの位置を確認して』との書き込みが成されており、真面目に批判するのもバカらしいというような話半分で聞かれている空気感ですね」(芸能記者)

 中には、「言葉に関しては、行っちゃえばなんとかなりそう。特にこういう性格だったらすぐ友達とか作って喋れるようになるだろう」「ダレノガレさんは外国人とのコミュニケーションに臆することなくいけるタイプなのかなと見受けられる」など、ダレノガレの明るくポジティブな性格にわずかな光明を見出すユーザーも散見されるが、やはり最終的な目標はハリウッドでの女優活動ということもあり、ネガティブな反応が並ぶのも無理はないだろう。

“カモン・ハリウッド”との天の声は、あまりにも無責任なお告げだったと言えそうだ。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング